パスワードを忘れた? アカウント作成
9904 story
Google

日本語版Googleの「もしかして」機能が復活 47

ストーリー by yoosee
もしかしてスラッシュドット 部門より

Googleでタイプミスと思われる検索語を入力すると、自動的に正しい用語を表示してくれる「もしかして」機能。 こちらは以前の記事に記されているように、2004年11月から調整のためこの機能が停止されていた。 だが現在、この機能が復活している模様。以前話題になっていた、奇妙な「もしかして」(「燃え」→「萌え」、「就職しない」→「就職できない」、「お兄ちゃんは家庭教師」→「お兄ちゃんは女教師」など)は表示されないようになり、一方で「甲殻機動隊」→「攻殻機動隊」というような表記ミスはちゃんと「もしかして」を表示してくれることから、日本語版のこの機能のための調整が完了したものと思われる。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

コンピュータは旧約聖書の神に似ている、規則は多く、慈悲は無い -- Joseph Campbell

読み込み中...