パスワードを忘れた? アカウント作成
12608733 story
広告

Google、アプリを試用可能な広告フォーマットを発表 19

ストーリー by headless
体験 部門より
Googleは3日、アプリをダウンロードする前に試用できるという新たな広告フォーマットを発表した(Inside AdMobブログの記事VentureBeatの記事TNW Newsの記事Consumeristの記事)。

「Trial Run Ads」はゲームアプリをストリーミングすることで、ダウンロードしなくても最大60秒間プレイできるというもの。Googleによれば、インストールされたアプリの4分の1は一度も使われることがないという。事前の試用を可能にすることで、実際にアプリを使用したいユーザーの獲得が可能になると考えているようだ。

「Interactive Interstitial」はHTML5を使用して自由にカスタマイズ可能な広告フォーマットで、動的にデータを読み込むこともできる。アプリの機能を一部を広告に組み込むことで、ゲーム以外のアプリでも事前にユーザーが体験することが可能になるとのこと。

現在のところ、Trial Run AdsはAndroidアプリ上のみ、Interactive InterstitialはAndroidおよびiOSアプリ上で表示される。いずれもベータ版として一部の広告主に限定で提供されているという。広告主はユーザーが広告上のインストールボタンをクリックしたときだけ広告料を支払えばよいとのことだ。
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • > インストールされたアプリの4分の1は一度も使われることがない
    ってのは多分、広告代理店が展開するポイントサイトとかが、
    インストールしたら換金可能なポイントを配るせいでしょ?
    インストールまでしたくせに起動すらしないとか、他のシチュエーションが想像しづらい。

    で、この手の代理店が広告主にアピールしているのは、
    「試しにインストールしてもらえる(興味がないひとへのアプローチ)」じゃなくて、
    「ランキングが上がる(何か探している人に興味を持ってもらう)」点だし、
    ランキング操作に負の相関がありそうな今回の施策は、
    上記の解消にはあまり効果がないように思う。

    # でも、それはそれとして、インストール不要で試用可能なフォーマットは便利だと思う

    • by Anonymous Coward on 2015年12月06日 14時53分 (#2929675)

      まさにこれ。

      ついでに言うなら、「ポイントサイト」も非常に怪しい表記が多かったりする。

      たとえば「○○ポイント入手しました!次のソフトをインストールすれば獲得できます。」と謳っておいて、いざインストールしたあとにアクセスすると「獲得できるとは言ったが絶対とは言ってない、抽選なのでな」みたいなノリで残念でした表示になる、ってのが常態化してる。

      あと「○ポイント集めたら換金できます」とか言いながら、そのポイントが近づくと「規約改正しました、××ポイント必要です」とか上書きしてくるやつ。でも別の端末からアクセスすると規約改正の表示なんかなくて「○ポイント集めたら換金できます」がそのまま表示されてる。つまり換金可能に近づいたユーザーにだけ「規約改正したことにして」阻止してるだけ。

      他にも「月額108円のサイトに登録するだけ」とか謳っておいて、実際には「初月108円、2ヶ月目以降5400円」みたいな会員制サイトなので、気がつかずに放置すると大惨事になる。(しかも「2ヶ月目以降5400円」の表記はすごい薄い・小さい文字で書いてあったりとか、退会ページが非常にわかりやすい場所に置いてあったりとかな)

      消費者保護センターとかはいい加減、この手のポイントサイトとか会員制サイトをきちっと取り締まるべきだと思うんだけど、なんで動かないんだろうな。
      前に通報しても「はあ、そうですか」「参考にします」ぐらいのノリだったからやる気なさげなんだよなぁ。

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      >インストールまでしたくせに起動すらしないとか、他のシチュエーションが想像しづらい。
      有料アプリを購入した場合、基本的にそのままインストールされるわけです。
      この有料アプリの購入ですが「セールでとりあえず買った」って場合に、積みアプリが存在するようになるわけで。

      いや、私はそんなことしませんけどね?(100円で買ったゲームを初めて起動しつつ)

  • by Anonymous Coward on 2015年12月06日 11時38分 (#2929629)

    クソゲー体験版の強制配布とか勘弁してほしいですね。

  • by Anonymous Coward on 2015年12月06日 11時49分 (#2929630)

    > インストールされたアプリの4分の1は一度も使われることがない

    のを

    > ダウンロードしなくても最大60秒間プレイできる

    で解消できるという三段論法がよくわからないんですけど。
    ていうかそれを解消しなければならない理由もよくわからない。

    # 「インストールされたアプリの4分の1は一度も使われることがない」の方のソースまでは呼んでませんすいません。

    • by Anonymous Coward

      「Googleや広告主が無駄な広告料を払わなくて済むようになる」ということでは。
      ダウンロードされた時点で、広告主は広告料を払う必要があります。
      ストリームによるお試しプレイをさせることで、最終的にプレイしなくなるであろう人がダウンロードするのを減らせるでしょう。

    • by Anonymous Coward

      私も引っ掛かりましたが、有料アプリじゃなくて、課金型アプリを前提に話をしているのではないでしょうか。

      有料アプリでしたら、お金払ってDLしてくれれば、
      使おうが使うまいが売り上げになり、開発者もその分の広告料を払うに吝かではないでしょうが、
      課金型アプリの場合、インストールして遊んでハマって、課金して初めて利益が上がるのに、
      インストールするだけで遊びもしない顧客の広告分まで払うのは、開発者としてはやりきれないでしょう。

      非課金ユーザーの広告費の問題はありますが、とりあえず、遊びもしない奴を減らそう、という努力でしょう。
      遊びもしない奴、には、インストールして遊びもしない奴と、
      インストールしてまで試しで遊んでみたくない奴、の二種類がいますが、
      その両方に対する解決策になるのでしょう。

    • by Anonymous Coward

      広告主:クリック数で料金払えば水増し。ダウンロード数で払っても水増し。インストールベースで払えば今度は何?1/4は実働してないだと?どういうことだよ?お前のとこの広告って客層とか広告の質とか悪いんじゃねの?アフィリエイトの提携使って詐欺かよ!?他の広告屋に切り替えるぞ。

      広告屋:いえいえ、詐欺だなんてめっそうもない・・・・。アフィリエイトの提携先などの関係で一部の広告で品質が落ちる可能性があるのはお詫びします。その代わりですね、今回、インストールなしでも試用プレイ可能になる新たな仕組みを開発しまして。これならまさに実際の試用稼動数が計測できますので、これまで以上に確実に広告効果が図れるようになっております。ぜひご検討いただきたく・・・・・・

      そういうものです。

  • by Anonymous Coward on 2015年12月06日 15時36分 (#2929686)

    いつまで違法行為を続けるのだろう・・・最低でもペアレンタルコントロール可能にしろと。

    • by Anonymous Coward
      ついでに、「ウィルスが発見されました」とか「あなたの電話が遅くなっています」の類。
      いい加減、サイトはGoogle広告を使うのをやめるべきだろう。
      • by Anonymous Coward

        ポップアップ系はoogleだと禁止されてる。
        それらはもっと別の怪しい広告会社だろ。。。

        • by Anonymous Coward

          最近は広告を使ってマルウェアを配布する業者もいるらしい。

          • by Anonymous Coward

            偽セキュリティソフトとか何年も前からあったし(ホップアップを組み合わせてWindowsのダイアログに見せるのとかもあった)手口が進化しているとはいえ最近はって程のことじゃないと思うぞ。

    • by Anonymous Coward

      広告は脱法的行為が多いよなぁ、パブリシャ(掲載しているだけだと主張している出版社)にも連座制のような法的責任が必要。

typodupeerror

私はプログラマです。1040 formに私の職業としてそう書いています -- Ken Thompson

読み込み中...