パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

ネット広告の総広告費、ついに新聞を抜く 」記事へのコメント

  • 電通のニュースリリース [dentsu.co.jp]の8ページ目にある表2によると、たしかに2009年は新聞6739億円、インターネット広告費7069億円となっていて、ネットが新聞を抜いたような数字になっています。

    しかし、この新聞の数字6739億円には折込チラシが含まれていないのです。
    折込チラシの折込料だけで5444億円もあり、これには広告制作費が含まれていません。製作費(デザイン+印刷費)も含めるとこれだけでインターネット広告費に匹敵するだけの数字になると推測できます。

    つまり、新聞本紙広告+折込広告と括ればネット広告の倍の規模があり、まだまだ安泰というわけです。
    ただし折込広告は電通のような大手代理店の不得意とするドメインですから、電通にとっては新聞ヤバいというのが本音でしょう。

    • つまり、新聞本紙広告+折込広告と括ればネット広告の倍の規模があり、まだまだ安泰というわけです。

      その前提は、そろそろ捨てた方がよさそうですよ: リクルートがエリア拡大する番組表無料宅配に新聞業界激震 [diamond.jp] (週刊ダイヤモンド, 2009.04.22)。 新聞はいらないけど番組表と折込広告は欲しいという人のためのサービス、タウンマーケット [townmarket.jp]の話。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        >番組表と折込広告は欲しいという人のため

        やばいね。まさに激震だ。
        ほとんどの人が該当してしまいそうな予感・・・。

        • by Anonymous Coward

          逆にラテ欄と折込広告無しが欲しい私みたいなのも居ますけど。
          # 広告が多いとドアの差込口に挟まって部屋の外からでないと取れないんですよ。

        • by Anonymous Coward

          TVリモコンに番組表ボタンが付くようになってから新聞の番組表は要らなくなったよ。
          でも広告とお悔やみ欄は欲しい。

      • by Anonymous Coward

        隣のストーリーで「Twitter、ついにTV ドラマの舞台に」なんて言ってる間はまだまだ安泰でしょ。

    • >ただし折込広告は電通のような大手代理店の不得意とするドメインですから、電通にとっては新聞ヤバいというのが本音でしょう。

      天下の電通ですから、そういう事態は既に折り込み済みです(*'-')b
       
       
      #やまだくーん、sillywalk君の座布団全部もってきなさい
       
      #s/織/折/
       

      --
      And now for something completely different...
      親コメント
    • by Anonymous Coward
      確かに、スーパーの広告などは新聞の折り込み散らしですけど
      利用しているネット通販の広告は電子メールで、それは広告会社を通さないので
      それも統計に含まれないと思われるが、誤差程度なんですかね。

      メール→ホームページ広告への誘導とかで、ホームページ制作費が掛かっていると思うのだけど費用としては見えてこない部分。
      • 宣伝電子メールに対応する非ネットメディアはDM(ダイレクトメール)で、折込チラシとはまた別に集計されています。

        また、ケータイ配信の広告メールは広告代理店/マーケッティング会社を通したものが多いと思います。特にQRコードをマス媒体でバラまいて誘導している類のものは、マス媒体の広告費と配信メールの製作費・配信代行をセットにしてまとめて結構な費用を頂戴していると思われます。
        親コメント
    • by Anonymous Coward
      それに、インターネットと一括りにするなら、比較するのは印刷媒体全体だろう。
    • by Anonymous Coward

      なんだか毎度アンチ電通風味なコメントになって嫌なのですが。

      今回の数字は、「建前上ですら」業界外の第三者による観測結果という形式をとっていません。
      これは広告業界による、広告業界のための数字と解釈するのが妥当でしょう。
      今後の電通(≒広告業界)の押しが何なのか、よくわかります。
      流行に対する地位って、こういった地道な努力にも後押しされて、より確かなものになるんですね。

      ミスリーディングって程に裏をかいている印象は、個人的にはありません。
      むしろ欲望も含めて、素直に直球を投げてきたと思いました。
      やっぱり電通さんはすごいです。

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ研究家

処理中...