パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

赤松健、「漫画をアップロードすると広告付きPDFを生成する」というサービスを立ち上げる」記事へのコメント

  • DRMなし、無料、広告モデルか。最初に赤松氏が頑張ってそこそこ有名な絶版漫画を集めることができれば、そこそこ大きくなるんじゃないでしょうか。あまり漫画、アニメの世界は知らないので何ともですが。
    --
    foo.tar.bz2
    • DRM無しはうれしいです。自分のすきな端末で読むことが出来るわけで。

      それこそ広告+アフィリエイトでその作家の最近作にリンクするなど、いかに
      今まで収入につながらなかった資源から、収入を得るかってのはイイ

      しかも、人件費はボランティアですか。やってる本人は楽しんでいるらしいので、
      うまいアイデアですね。

      #あとは出版社から横やりが入らなければいいのですけれど

      • 昔の作品に手軽にふれることが出来るってのが、嬉しい。
        まんだらけとか古本屋で、リスト片手に探すってのも疲れるし、
        第一、まんだらけ、高いぞ。

        >あとは出版社から横やりが入らなければいいのですけれど

        作者に許諾を貰うといっても、出版社との版権管理契約の変更とか、
        最悪は版権引き上げとかやらないと難しいのではないかな?と思う。
        そういったことの方が作者側での仕事が発生しそうなのだけど、
        どうなのだろう?

        コメントを見てみると、出版後10年以上を目安とかあるけど、
        作者生存していて10年以上で現行流通に乗っていない(再版のめどがない)
        作品を洗い出すとしたら、結構面倒だし、対象となりえる作品数が
        限られてしまうのではなかろうかとも、思う。

        作者と今では連絡がとれないとか、結構ありそうにも、思う。

        • by Anonymous Coward
          絶版本なら引き上げるまでもなく版権は作者に戻ってるはずだが…
          • Re: (スコア:4, 参考になる)

            >絶版本なら引き上げるまでもなく版権は作者に戻ってるはずだが…

            それを避けるために、処理としては絶版ではなく、在庫切れとして出版社が版権を維持しているケースが多いです
            もちろん、再生産の目処があるわけでもなく、版権が死蔵されているだけ
            作者としては印税のことがあって望ましくないでしょうが、次の作品のことを考えるとあまり強く出られないのでしょう

            • >作者としては印税のことがあって望ましくないでしょうが、次の作品のことを考えるとあまり強く出られないのでしょう

              版権を出版社が管理しているケースが多いみたいですね。
              意図的に明確に絶版としているといよりも、出版社の判断で出さない=売り切れ絶版という不自然なことになっていますね。
              そういった作品について、作者といえども勝手に刷って売ったり配ると、出版社となにかしら軋轢が出そうですね。

              10年新版や増刷がない作品の版権は自動的に作者に返還といった風にしても、、漫画の作者だけでなくて本の装丁者とかとのお話も必要になりかねない。

              また、版権引き上げとかだと、出版社と対立しちゃったり(和田慎二みたいな喧嘩の結果みたいなのね)で、その出版

              • by Anonymous Coward on 2010年11月18日 0時50分 (#1860581)

                > 赤松さんは
                >
                >>もう市場的には無価値であるはずの、「絶版マンガ」しか受け付けないからです。
                >
                > とのことですが、版権引き上げをしないと面倒なことになりそうな予感。

                赤松氏自身は今回の案件の説明の中で
                出版契約について(黙っていたら自動更新になるあたりも含めて)言及した上で、
                「契約が切れて、絶版になったマンガ」を対象と考えているようですが、
                どう「面倒なこと」になるのでしょうか?

                ま、スラドの雑談なんで又聞きをネタにして知ったかぶりや妄想するのもいいでしょうけど。

                親コメント
              • Re:うーむ (スコア:2, 興味深い)

                by Anonymous Coward on 2010年11月18日 1時08分 (#1860588)
                赤松氏には「塩漬けにされないように」と言う他の漫画家への啓蒙の意図もあるんでしょうし、
                問題は一通り整理されていますから、「面倒なこと」にはならないように思います。

                と言うか、きっと(実質)絶版本から「面倒なこと」を取り除いていくための試みの一つ、なんでしょうね。

                # ホント、この手の話題に湧く知ったかぶりって何なんでしょうね。
                # 「色々なパターンがある」事は実際に事に当たっている人達が一番よく分かってて、
                # 一つの仕組み、一つのルールで全てを吸収できるなんて思っていないから、
                # ある程度対象のパターンを絞り込んだ上で提案をしているわけですが、
                # 「それだと××の場合は当て嵌まらない」等とダラダラネチネチ…
                # 当て嵌めたいのなら権利者と交渉すればいいでしょうに、
                # そう言えばゲーム音楽の話題の時にも…
                親コメント
              • by aass (41194) on 2010年11月18日 1時21分 (#1860593)

                >>>もう市場的には無価値であるはずの

                というところでしょうね。
                市場的に無価値かどうかは、版権管理をしている人も判断するわけです。

                >「契約が切れて、絶版になったマンガ」を対象と考えているようですが、

                >その契約が切れて絶版になると、もう作家だけのものになってしまうのです。

                なのだが、それが切れている作品って、作者が版権を引き上げたものだけだよね。
                とすると、すでに彼はラブひなの権利をすでに引き上げたのかな?
                まだ本屋でも買える状況だと、矛盾してますな。

                >どう「面倒なこと」になるのでしょうか?

                赤松さんがラブひなの版権引き上げをしているのでしたら、問題はありませんね。
                引き上げていないなら、出版社(著作権管理者)とのやりとりが必要になるわけです。

                >ま、スラドの雑談なんで又聞きをネタにして知ったかぶりや妄想するのもいいでしょうけど。

                そうですね、まだ売られている本の版権引き上げ絶版を簡単に行ったとか、書かれていませんが、そう妄想するお方がいらっしゃいますね。

                親コメント
              • Re:うーむ (スコア:3, 参考になる)

                by Anonymous Coward on 2010年11月18日 1時45分 (#1860601)

                どうやら「著作権」と「出版権(版権)」を完全に混同してるようですので、
                一度著作権法を読み返してみることをお勧めします。

                出版権というのは、著作権者が出版社に独占的に与える
                紙に限定した著作権のサブセット」のようなものです。
                今回のような電子書籍とは全く関係ありません。

                >まだ本屋でも買える状況だと、矛盾してますな。

                そして、出版権の独占的な効力は「複製(印刷)をすること」に限定されますので
                市場で在庫本が流通してても関係ありません。新たに重版できないというだけです。

                >出版社(著作権管理者)

                出版社は原則的には著作権の管理はしていません。あくまで

                1.紙に限定した複製権(出版権)を得ている
                2.電子書籍で使う場合の著作の利用許諾を得ている

                という2つの独立した契約(最近は1枚の契約書の2つの条項に入れ込まれてる)
                があるだけです。そして、出版権と違い、利用許諾は非独占的契約ですので、
                わざわざ独占的な契約で縛ってない限り、どこで使おうが著者の自由です。

                「ラブひな」当時の契約書だと、電子の利用許諾がそもそも契約に入ってない
                可能性も高いですね。

                親コメント
              • by aass (41194) on 2010年11月18日 2時02分 (#1860606)

                >「ラブひな」当時の契約書だと、電子の利用許諾がそもそも契約に入ってない
                >可能性も高いですね。

                そうであればよいのですけどね。

                >わざわざ独占的な契約で縛ってない限り、どこで使おうが著者の自由です。

                そこで、出版側として、次回契約時に盛り込んできたりとかね。

                昨今は、そういった事で、出版側からも電子出版についての契約をしているそうですからね。
                そういう余計な手間が増えたりすると、いざ再出版とかが発生した場合にもめそうで、楽しみです。

                出版社さんも、指をくわえてみているだけではないでしょう。

                >市場で在庫本が流通してても関係ありません。新たに重版できないというだけです。

                もしかして、ラブひなの増刷がすでに終っているとか、勘違いしていませんかね?
                ここらへんは、出版社と作者の力関係が出てきそうで、赤松さんレベルのビッグネームだから通されるかな?とも期待はしています。

                親コメント
              • by Anonymous Coward

                どうやら「著作権」と「出版権(版権)」を完全に混同してるようですので、
                一度著作権法を読み返してみることをお勧めします。

                大事なことなので2回言いました。
                ま、スラドの雑談なんで(ry

              • by aass (41194) on 2010年11月18日 2時23分 (#1860610)

                >大事なことなので2回言いました。

                で、版権引き上げしているわけですな。
                増刷があると、ばれちゃいますよ。

                ま、ばれるでしょうね。

                親コメント
              • by toc (9247) on 2010年11月18日 12時14分 (#1860754) 日記
                作者の原稿からスキャンされた物なら問題はなさそうだけど、
                出版社から出版された本からスキャンされた電子書籍ってどういう扱いになるのだろう?
                親コメント
              • by Anonymous Coward

                >と言うか、きっと(実質)絶版本から「面倒なこと」を取り除いていくための試みの一つ、なんでしょうね。
                逆じゃないの?
                「絶版扱いとなっている面倒な事が起こらないもの」
                を対象と言っている様にしか思えないのだけど。
                単に「出来る物はやろうよ」ってだけのスタンスじゃないの?

                協力してくれる作者の人を出版社との争いに駆り立てようとしているとは見えない。

              • by Anonymous Coward

                その辺は見解が分かれる部分なんですが、編集やデザインの権利侵害
                ということで一応アウトの方向です。が、法解釈的にはアクロバティック。

                というか著作権法では電子書籍についてカバー仕切れない状況に
                なってますので、どう考えても法改正が必要な時期に来ています。
                来年度以降、総務省を中心に議論と調査がなされる予定でした。

                が、ご存じの通り来年度予算が仕分けられてしまった [impress.co.jp]ので
                もうお先真っ暗です(´Д`)この先どうなるのか、さっぱりわかりません。

              • by Anonymous Coward

                だからこそ、こんなものが話題になったりするのだが……
                http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51493371.html [livedoor.biz]

目玉の数さえ十分あれば、どんなバグも深刻ではない -- Eric Raymond

処理中...