パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

将来、データセンターはサウナになる?」記事へのコメント

  • まちがってる (スコア:0, すばらしい洞察)

    by Anonymous Coward

    温度が高くなるというのは、それだけエネルギーを消費しているということ。
    もちろん、それだけ電力料金もかかっている。
    その根本を解決せずに、なにが「環境にやさしい」「電力コストを下げられる」だ、と思う。

    インテルがやるべきことは、高い温度で動くので冷却しなくてもいいシステムの開発よりも、
    消費電力が低いのでそもそも高温にならないシステムの開発ではないでしょうか。

    • by tmkzr (19129) on 2011年12月22日 13時25分 (#2070320) 日記

      いや厳密には電力効率ですよね。 つまり、消費電力そのものが問題なのではなくて、 投入したエネルギーが演算以外の熱に変わってしまうのが 問題なのだから、論じるべきは単位消費電力あたりの 演算パフォーマンスであって、要するに電力効率であるはずです。

      その意味で言えば、最近のSandey Bridgeの電力効率は向上しています。 (参考: Sandy Bridgeの実力を徹底検証! 最新CPU大ベンチマーク [www.dosv.jp]) インテルはプロセスが微細化しすぎて漏れ電流が抑えられないとかなんとか 言われながら、よくやっていると思いますよ。

      インテルがこのような宣伝をするということは、 おそらくもうCPU単体での電力効率の向上はこれ以上は難しく、 データセンター全体での電力効率を上げる方向にシフト せざるを得ないということなのだと思います。

      現在サーバーは密室の空間に空調とともにあるというイメージですが、 将来的には風通しをよくしたファン付きの屋外に近いようなところに 置かれることになるのだと思います。 あるいは大地や海に直接熱を逃がす構造にしたほうがいいでしょうね。 とにかく今の空調で常温以下にして運用するのは効率が悪すぎるので、 常温の雰囲気で正常に動くようにするのは、必須だと思いますね。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        まぁ海に逃がしちゃうと温暖化の遠因になるんですけどね。
        CO2の大部分は海に吸収されてるので、海水温が上がると
        CO2が大気中に放出されてしまいますし。

        大地も地下水の多い場所だと問題があるかもしれず。

あつくて寝られない時はhackしろ! 386BSD(98)はそうやってつくられましたよ? -- あるハッカー

処理中...