パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

Slashdot、とあるKickstarterキャンペーンをぶっつぶす」記事へのコメント

  • slashdotに殺されなくてもほかのなにかにやられてただけだと思う。

    • by Anonymous Coward on 2013年06月04日 9時11分 (#2393950)
      日本のサービスだったら、その役はあの御方だったかも・・・。

      #正しい事も多いけど、凸電時は論破と言うよりはかなり「自分の言い分を認めろ」的言いぶんなんだよなぁ・・・。
      親コメント
      • うーん、某みちゅ先生は特に問題視しなそうだと思いますけど。利用者が明確な意志と事前の同意の元でパソコンをぶっ壊してもらうとか、情報を全世界に公開するとかしてもらう、とかなら先生的には嫌でもノータッチじゃないかと。Connectify Switchboardはクラウド型(?) VPNサービスで、通信は全部Connectifyのサーバを通る、ということは特に隠してなかった(むしろ売りにしてた)わけですし。

        # 某木某みちゅ先生…いったい何者なんだ…

        親コメント
      • by Anonymous Coward

        >凸電時は論破と言うよりはかなり「自分の言い分を認めろ」的言いぶん

        論破と「自分の言い分を認めろ」的言いぶんを区別する必要を感じないんだが…
        殆どの場合、「聞いてることに答えていない」誤魔化しが先にあるから
        「それで?今聞いてるのは…」って本質を確認しているだけじゃない?

        答えになってない答えを言うしかない「歪んだ内情」や「先方の言い分」あるとしたら
        それをありのまま「これ以上は平行線でした」というエビデンスをとるために
        繰り返しのやりとりを載せなければならんだろうし。

        逆に、外野から「真っ当な言い分があれば」代理で回答する叩き台にもなる状態ともいえる。
        最近、某乙武氏が炎上したように一方が下手な要約をして「こういう回答を得ました」と言えば
        恣意的に解釈したとか、言った言わないというレベルなってしまう。

        でも結局、彼の技術的論拠に対する反論は無く、取材の態度がどうとか職業がどうとかいう
        人格攻撃的な負け惜しみしか寄せられたこと無いよね…

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ研究家

処理中...