パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

フラットUIデザインでは目的のリンクやボタンを見つけるのに時間がかかるとの調査結果」記事へのコメント

  • フラットデザインの場合は、どこからどこまでがUI要素なのかや、重要度がはっきり分かりにくいことが多いです。
    例えばiOSのボタンは枠がないので、アフォーダンスや文字色のわずかな違いから、そのテキストがタップできるかどうかを識別しなくてはならないが、これはUIデザイン上の悪手ではないかと思います。

    Webでも、単に立体感のあるマテリアルの使用を止めた結果、要素の境界がなくなってしまったり、重要な部分とそうでない部分が混在し見分けにくくなった例が多くみられます。
    実際、シャドウやグラデーションを全く使わずに要素を強調するのは難しいのです。

    今後はもう少し折衷案が流行って、強調されたり他と区別できるUI要素でもって、確信をもって操作できる画面が増えてほしいと思っています。

「毎々お世話になっております。仕様書を頂きたく。」「拝承」 -- ある会社の日常

処理中...