パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

Cloudflare、海賊版サイト「漫画村」の運営者を開示」記事へのコメント

  • 出版社が著作権者から一筆書いてもらうことも契約書を出すこともできない、おまけにTwitterで本がバズるだけで再版が決まるほど重大事なんて状況で、カドカワに限らず出版社の存在意義って何なんだろうね。

    • by Anonymous Coward

      つまり出版社は、漫画家さんに委任状なりなんなりもらって取りまとめして、米国で請求する、っていうことができない無能者の集まり、ってことですか。

      その代わり、自分の首を絞めるような検閲行為を権力者にやってもらおうと頑張ると。
      あほらしい。

      こうやって従来手段でもきちんと下手人まで到達できることが証明されると、ブロッキングの推進も難しくなるんじゃないでしょうか。
      緊急避難になりそうもないよ。

      • by Anonymous Coward on 2018年10月10日 19時25分 (#3495478)
        出版社に非弁行為で逮捕されろと?
        もともと著作権は作者ががっつり握って出版社には出版権しか渡してないんだから
        本体の権利を行使したければそれ持ってる本人が動くしかないでしょうが
        親コメント
        • by Anonymous Coward

          出版社が作家のために弁護士頼めばいいだけでしょう。

          • by Anonymous Coward

            弁護士の周旋を業とするわけで、弁護士法72条に引っかかるような

            • by Anonymous Coward

              それって、企業内に弁護士がいればいいのではなくて?
              弁護士は個人事業主としてしか斡旋を業務にしてはならないとかいう制限あるの?

            • by Anonymous Coward

              引っかからないよ・・・
              「業」っていうのは法律用語だよ?

              周旋そのものを飯のタネにしてる場合は(※儲かってるかは別にして)
              引っかかるだろうけど、出版社自身の利益のために
              弁護士を紹介するなり、身銭を切って自ら依頼するなら何の問題もない。

              それを禁止したら、世の中で弁護士を他人に紹介なんてできなくなるわ。

          • by Anonymous Coward

            外野「だけでしょ」

          • by Anonymous Coward

            >出版社が作家のために弁護士頼めばいいだけでしょう。

            そのために作家が出版社へ権利を委任しろよw

        • by Anonymous Coward

          ならそっちの方の法律を改正するのが先じゃないのかな。
          憲法違反かすってるような検閲を求めるんじゃなくてさ…。

          著作権違反が非親告罪になるわけで、それほど困難な話じゃないと思うのだが。

          • by Anonymous Coward on 2018年10月10日 20時12分 (#3495525)

            とっくに法律は作られていて、電子出版権といいます。2014年。
            その結果、組織的に動けるようになっていろいろな所で対策をしているにもかかわらず、それすら届かなくなって悲鳴を上げた、という経緯になります。

            著作権違反を非親告罪化するのはブロッキングなんて問題にならないくらい影響のでかいやばい話なので、流石にそれは困難であってほしい。

            親コメント
        • by Anonymous Coward

          >もともと著作権は作者ががっつり握って出版社には出版権しか渡してないんだから

          それどこの世界の「もともと」?

          • by Anonymous Coward
            極東某国のガラパゴスルールかな。確かに世界的には珍しい慣行かもね。
          • by Anonymous Coward

            著作権法上はそうなってる。著作権は著作物を作成した時点で著作者に帰属する。
            例外なのは製作者に帰属する映画の著作物や職務著作くらい。

            作家の場合は自分の作品を出版する場合、出版社に出版権を設定するか許諾するかどちらかの契約を結ぶ。
            出版権を設定した場合は、出版についての権利者が出版社になるので、出版社が海賊出版に法的措置を取れる。
            しかしこれまでは電子出版の出版権は別の契約になるので通常の出版権設定契約では漫画村のような海賊サイトに出版社は対応できなかった。電子出版権を保持する著作者が訴えないといけなかった。

            許諾契約だと出版社は許諾を受けただけの立場で出版権は作者にあるので同じく紙の出版だろうと電子出版だろうと何もできない。

        • by Anonymous Coward

          > 出版社に非弁行為で逮捕されろと?

          非弁行為ってのは「報酬を得る目的で」代理人になる場合だよ。
          出版社が漫画家から裁判の報酬をもらうの?
          こんな話で非弁活動になるわけないでしょ。トンチンカンすぎるよ。

          なんかひたすら出版社を擁護したいみたいだけど
          だからって誤った法律用語を持ち出せばいいってもんじゃないよ。

        • by Anonymous Coward

          >もともと著作権は作者ががっつり握って出版社には出版権しか渡してない

          著作者と出版社の間の関係をあいまいにしてきた結果、
          きっちり解釈すると出版権を委任しただけとしか解釈できず、
          結果としてその他の権利が著作者に残ってる・・・って印象。

          • by Anonymous Coward on 2018年10月11日 13時02分 (#3495874)

            太陽風交点裁判では、出版権を出版社に設定するには文書による契約書が必要という判決が出ています。
            あいまいな口約束では出版許諾契約でしかないのです。
            つまり口約束では出版権は出版社には委任されておらず、出版権を含む全ての権利が著作者に残っているのです。

            親コメント
            • by Anonymous Coward

              ああ、出版権と出版許諾は違うのね。
              出版許諾を受けた出版社は出版することはできても、著作権者から別の許諾を受けた(かもしれない)他社の出版を止めることはできないと。
              独占出版許諾だとまたちょっと違うけど、その場合も出版社は「他社に許諾するのは契約違反だ」と著作権者を訴えることしかできないか。

        • by Anonymous Coward

          >出版社に非弁行為で逮捕されろと?
          原作者の後ろに出版社が名を連ねるなら、当事者の一部ですし何も問題ないと思います。
          著作権者たる原作者の存在が請求に必須なのは当然として、原作者と利害を一にする者として出版社の名前を書き加えても請求全体が失当とは言われないでしょう。

Stableって古いって意味だっけ? -- Debian初級

処理中...