パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

学校と家庭との連絡に自動音声電話やメールを試験導入」記事へのコメント

  • 近所の子「おはよー○○ちゃん、学校行こう」
    子供の親「おはよー、ごめんねうちの○○ちゃん風邪引いたから先生に休むって伝えておいてね」
    配布物は帰りにその子かクラスの誰かが持って来てくれたり。

    とかいうのは古き良き時代の風景なんでしょね。

    • by Anonymous Coward

      どこの古き良きかは知りませんが、子ども(自分の子の友人)に出欠連絡を頼むって…、
      その子はその年にして先生や父兄に一目置かれるすげー人物だったんですね。(ぇー

      この手の電子化でアレなのが「連絡手段環境の統一」が難しいのいう話はよく聞くが、(電話はあるがメールができない、逆にLINEに依存しすぎてメールを拒絶)
      もうそういうのは乗り越えられる状況ではある(例外はごく一部、そして切り捨て)ってことかな。
      いまは+メッセージあるから、そこから周知情報を乗せたwebページへリンクというのもありか。

      • by Anonymous Coward

        電話が各家庭に広まってなかった地域とか、年代だったのではないでしょうか

        • by Anonymous Coward

          んなバカなw
          昭和末ごろはごく普通の話だったよ
          時代の変化が早すぎるから、ちょっと世代が違うだけで
          信じられない話みたいに思えちゃうんだろうな

          • by Anonymous Coward

            そうですねー

            留守だと断りもなく宅配便がお隣に預けられてたり。まぁ牧歌的でしたねー

            まさか最近の若いもんは、普段一緒に通学している友達に、お休みの伝言をお願いすることだけでも驚かれるとは思わなかった。。。

            そりゃ駅の伝言板とか言われてもわからんわけだ。

            • by Anonymous Coward on 2019年03月16日 7時11分 (#3582009)

              同じ感想です。

              こういう改善は先生方の負荷軽減を考えても全く異論ありませんが、元コメントのエピソードのように

              ①人々のコミュニティは「情報を媒介してもらう/媒介する」信頼関係で成り立ち発展してきたこと

              ②もちろんそこにはバグや非効率もあったが、人々はある時は許容し/ある時は課題として取り組み、人々の行動が律せられ社会制度が発展してきたこと

              については若い世代の方々も知っておいて損はないと思います。

              いかに高度に電子化されたシステムといえども、「情報の信頼性」やと「その不完全性への対処」、「利用者の姿勢」等々は常に課題となり続けるものだと思うので。

              どんなシステムの設計や運用においても、人間はこれを忘れることなくありたいと感じます。

              親コメント

人生unstable -- あるハッカー

処理中...