パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

Google、ユーザーに無断でGmailアカウントからショッピング履歴などをリスト化していた」記事へのコメント

    • by Anonymous Coward

      自分の情報を自分の知らないところで、リスト化されてたらびっくりする。
      Windowsの最近使ったファイルや、ブラウザの検索履歴なんかと同じ。

      明細のメールの表示が違うってのとは違う話だよ。

      • > 自分の情報を自分の知らないところで、リスト化されてたらびっくりする。
        > Windowsの最近使ったファイルや、ブラウザの検索履歴なんかと同じ。

        びっくりする,ってのはつまり想定外だから驚いたということです

        毎日メールやパソコンを使っているのにその仕組みを理解してない.
        普段からブラウザやメールを使って自分の情報をネットに流している,第三者に情報を提供しまくっている
        ということを肝に命じておくべきだと思います

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          > 第三者に情報を提供しまくっている

          この部分についてですが、「第3者が情報を手に入れられる」ことと、「第3者がその情報を収集・利用する」ことは別であり、今回の話は後者に分類されます。

          • by Anonymous Coward

            Googleって別に慈善団体じゃないし、情報を後生大事に溜め込みたい新興宗教でもないから。
            無償でサービスを提供するのは情報を集めて利用するためだ、ということぐらいは想像に難くないと思うけどなぁ。

            というか、それでびっくりするぐらいなら、悪いこと言わないからネット上のサービス使うのやめたほうがいいよ。
            サービスの目的や情報提供するリスクを見積もれてないんじゃ、いつか酷い目に遭いかねない。

            • by Anonymous Coward

              別ACなので私は別にびっくりはしてないんですが、「収集された個人情報の扱われ方はその個人が決定できるべきだ」という考え方はプライバシーにおいて重要な考え方で、例えばそれはEUのGDPRにも反映されており、慈善や宗教とは無関係の話題です。また、これは「リスク」に関する話題でもないので、リスクを見積もるというのは意味をなしません。

              • by Anonymous Coward

                扱われ方を事前に提示してるのに、それを無視するか忘れて、いざ当初提示されてたように使われたら文句を言う、というのはGDPRとも異なる。ただのモンスタークレーマーの後だしジャンケン。

            • by Anonymous Coward

              飼いならされてますなー

          • by Anonymous Coward

            その通りなんだけど、Googleはそれを許諾した人の情報しか収集も利用もしてないよね。
            「自分の知らないところで」には全く当たらないんだけど。

            • by Anonymous Coward

              情報の収集・利用を許可していても、その利用方法が(情報)プライバシー権に反する可能性があるのです。「可能性がある」というのはプライバシー権の境界が曖昧であることと、許諾の内容(例えば「UXの向上」)が曖昧であることに起因します。こういう状況では、サービスを提供する側もされる側も、事前にすべての可能性を知り得ないため、こういった衝突が起こるのです。

              なので「『自分の知らないところで』には全く当たらない」というのは論点ではありません。

        • by Anonymous Coward

          なぜ「リスト化されていること」に驚いているのに「情報の利用」について説教しているのか

          個人的にはびっくりするって言っても「なんだと!」ではなく「びっくりしたなぁ」という程度(ニュアンス伝わるだろうか)

コンピュータは旧約聖書の神に似ている、規則は多く、慈悲は無い -- Joseph Campbell

処理中...