パスワードを忘れた? アカウント作成

自宅サーバーでTwitter連携サービスを運営していた開発者、利用者の投稿が原因で家宅捜索を受ける」記事へのコメント

  • 巨大掲示板などでは投稿ごとにIPアドレスを記録しているが、Twitterは直近の一定期間にログインした際のIPアドレスと時刻しか記録していない。
    https://twitter.com/jz5/status/1138363470183686144 [twitter.com]
    ログインに使われたクライアント/認証連携サービスの名称は記録されていないため、警察は提供されたIPアドレスを順番にあたるしかなく、こうした事例は他の認証連携サービスにおいても時々起こっている。明らかにレンタルサーバのものとわかるIPアドレスは事前に弾くことができるが、TwiGaTenの場合は自宅サーバからDDNSで運用していたため、一般的なTwitterクライアントからのアクセスと区別できなかったものと思われる。

    • 🙅 記録していない
      🙆 記録も公開もしているが、警察への営利無料提供サービスの対象には入れてもらえていない

      「ログインした際のIPアドレスと時刻」というのもミスリードで、表題のように一度命令すれば勝手にどんどん情報をためこむサービスもある以上は「利用者がログインボタンを押したり、接続操作を行った時刻」にならない。「歩いているところを目撃された、最後の目撃証言」であって「最後の購入履歴」ではない。どこかで認識がずれているのではないかと思う。

      警察に好意的に言って、捜査に必要な情報を開示させることができていないし、開示させる法的根拠が作れていないし、何が必要かも把握できていないように見える。

ハッカーとクラッカーの違い。大してないと思います -- あるアレゲ

処理中...