パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

大型計算機センター法制化50周年記念シンポジウム、7月10日に開催」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2019年06月20日 14時38分 (#3637100)

    駆け出しの大学教員の頃、某大型計算機センターに転勤して、5年間ほど在籍していたことがあります。

    あのFNHが元気だったので、当時としてはほぼ最先端の技術を学ぶことができました。特にIBMの優れたソフトウェア(オペラーティング・システムやコンパイラ)やN1ネットワーク(大型計算機センターや各大学内センターを結ぶパケット交換風回線)などです。

    のちにN1ネットワークを経由してセンター相互利用機能やメール機能が実装されました。

    当時は基本的にIBMのTSO風操作を3270型文字表示端末を経由する利用形態でしたが、リモートバッチ端末を用意する大学もありました。

    新システムの納品検査で2GFlops出せることを確認したことがあります。水冷トランジスタ論理回路構成にしてはかなりの性能ですが、これはベクター演算の賜物だと思われます。

    今から思えば計算機が無条件でいくらでも利用できる環境に感謝しています。

人生の大半の問題はスルー力で解決する -- スルー力研究専門家

処理中...