パスワードを忘れた? アカウント作成

台風19号接近時、複数の市区町村Webサイトでアクセス過多により閲覧しにくくなる問題が発生」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    まあ公共サービスを全部移行するのはまだ難しいかもしれないが、災害時の情報提供に限ってはパブリッククラウドにリダイレクトしてそっちでオートスケールできるように組めばいいんじゃないのか。
    それ以外にやりようある?

    国が絶対落ちないWebサーバ提供してくれるならいいけどそんなのは実現しないだろうし。

    • by Anonymous Coward

      予算の都合上無理
      日本は変動費幅で対応出来る予算システムがないのだ

      • by Anonymous Coward on 2019年11月07日 17時14分 (#3712320)

        でも、年度末には予算が1円単位でぴったり消化できるのが日本だぜ
        個人が食料予算1万円渡されてスーパーにいって食べ物買って、ぴったり1万円使い切るのは難しい

        道路工事が年度末に集中するのは、事故や災害で土木・道路関係の予算が急増したときに、
        年度末の発注を減らして対応できるように、年度末まではある程度の資金的余裕を残すから

        3月とかに災害が起これば調整が不可能だろうが

        • by Anonymous Coward

          土木予算の支出は発注を抑えることで調整できますけど、クラウドコンピューティングでは調整が利かないですよね。
          DDoSをくらったりしたときのために毎年莫大な予算を要求しておき、攻撃されなかったら年度末に一気にサーバーを立てたり高負荷処理をしたりして予算消化するなんてことも無理。

          • by Anonymous Coward

            そんなの自治体向けの保守サービスを一括で請け負う事業者を立てればいいんだよ。
            そもそも自治体にサーバスケールを管理する能力なんてあるわけないんだから。
            事業者は予算内且つ損の出ない範囲で定額保守契約にすればいい。
            ビジネスチャンスなのでは?

UNIXはシンプルである。必要なのはそのシンプルさを理解する素質だけである -- Dennis Ritchie

処理中...