パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

Googleが収集した位置情報データを警察が活用するようになった結果、単に犯罪現場近くを何度か通り過ぎただけの人が疑われる状況に」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    ・犯行現場の近くでたまたま目撃された人が疑われる
    ・犯行現場の近くでたまたま防犯カメラに映った人が疑われる
    ・犯行現場の近くでたまたまスマホ持ってた人が疑われる

    上二つは昔からあって、それがもう1つ追加されただけでしょ?

    • 全くそう思う
      むしろ他のところに居た証明に役立つときも多いんじゃないかね

      • by Anonymous Coward on 2020年03月11日 17時08分 (#3777150)

        目撃情報とか防犯カメラだと「自転車が通り過ぎた」ようなのは(犯行現場に対してのアクションがなければ)無関係と認定されるんじゃないかな。
        それが、GPSだと「現場にいた容疑者候補」扱いになる。
        情報をそぎ落としすぎて、えん罪を生みやすそう、ってところが怖さだと思う。

        目撃情報でいうなら、「目撃された犯人は黒い服(コート)を着てた」ってだけで「黒い服(Tシャツ)着た人」もチェックされてってるみたいな。もうちょっと絞り込んでくれよ、みたいな。

        親コメント

UNIXはシンプルである。必要なのはそのシンプルさを理解する素質だけである -- Dennis Ritchie

処理中...