パスワードを忘れた? アカウント作成

TOP500や「Graph500」など4つのスパコン性能指標で富岳が世界一を達成」記事へのコメント

    • by Anonymous Coward on 2020年06月24日 20時51分 (#3839660)

      牧野先生のLINPACK用カリカリチューン技術を使って、ニューラルネット用ってラッピングしたやつでしょ。
      もうLINPACK=スパコンの時代じゃないんだから、Top500に出すなら、HPCGも出さないとみっともない。
      中国はTianhe, Taihulight と遅くてもHPCG出してたのに。
      ニューラルネット専用ならニューラルネット専用のところで競争しないと、チートじゃね?

      • by Anonymous Coward

        そのスパコンの用途によらない?

        ニューラルネットは線形代数が速ければいいし、何なら精度も低くていい。
        Top500にしろHPCGにしろ、汎用のソースコードじゃなくてシステムごとにカリカリにチューニングした結果のランキングなんだから、用途から外れたランキングに乗せるために割く時間も労力も一般企業にはないんじゃない?(Top500はシステム用に作ったBLAS/LINPACKを使ってるだけかもだけど)

        ちなみに中国は載せてるのに恥ずかしいって言うけど、あれらは一応汎用型として売り込んでるのだから、出したほうがいいと判断したんじゃない?(実際は核兵器開発とかが主で線形代数が早ければ良くてHPCGとかどうでもいいのかもしれないけど)
        プライド的にどういう解釈になるのかはわからないけど。

        • by Anonymous Coward

          今回のランキング発表の直前に理研が公開した スーパーコンピュータのランキングについて [riken.jp]の
          8枚目に、コンピュータを速くするための工夫の1つとして、メモリの読出しを速くすることを挙げています。
          Top500とGreen500ではメモリの読み出しが速いかどうかは数字に表れませんが、26枚目ではHPCGについて、
          「演算性能だけでなく、メモリアクセス性能が(HPCG)ベンチマークの結果を大きく左右する」と説明しています。
          なので、Top500とGreen500だけで好成績を上げるだけなら、
          コンピュータを速くするための工夫の1つををしなくてよくなります。

          >ニューラルネット専用ならニュー

開いた括弧は必ず閉じる -- あるプログラマー

処理中...