パスワードを忘れた? アカウント作成

メルケル首相がSNS各社によるトランプ大統領のアカウント停止を批判、制限は法に基づくべき」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    ドイツのSNS対策法と 表現の自由
    http://www.mediacom.keio.ac.jp/wp/wp-content/uploads/2018/04/433882937... [keio.ac.jp]
    ドイツではヘイトスピーチや民衆煽動、ナチス賛美が刑法で禁止されてるわけで
    メルケル首相がいってるのは、今回のようなことのために法律を整備したら? ってことであって
    SNSの検閲を止めましょうって話ではないと思うけど

    • by Anonymous Coward on 2021年01月13日 16時19分 (#3957852)

      ドイツのナチ規制は行き過ぎな面は感じるけど、メルケルは法に則って規制すべきって言ってるから、主張としては矛盾して無いんだよな。
      ドイツの規制は一応、選挙で政権を変えれば民主的に無効にできるが、TwitterやFacebookの規制はザッカーバーグの気分次第だから、メルケルの方が論理的に正しいとは思う。
      自分らで決めた規制なら仕方ないが、ザッカーバーグのお気持ちにゆだねるのは如何なものかと。

      • by Anonymous Coward

        ジャック・ドーシー「えっ」

      • by Anonymous Coward
        民主的に無効にはできない
        いわゆるドイツの戦う民主主義は憲法に明文規定があるわけじゃない慣習法にすぎない(なんと表現の自由があるんだドイツ憲法には)し
        戦う民主主義を否定する勢力を法律で潰すことは戦う民主主義としては合法だから
        実際ナチだけじゃなくて共産党もドイツでは非合法組織扱い
        • by Anonymous Coward

          それでも理論上は無効には出来るんじゃない?
          国民の大多数がそんなアホなことに力を注ぐモチベーションがないだけで
          そういう意見が一気に多数派になって処罰対象行為についても恩赦で訴追出来なくすればいいから
          慣習法でも後法で上書きは出来る

          • by Anonymous Coward
            そういう「理論」を潰す権力を政府に与える、というのが戦う民主主義

UNIXはシンプルである。必要なのはそのシンプルさを理解する素質だけである -- Dennis Ritchie

処理中...