パスワードを忘れた? アカウント作成

小説を自動で作るAIに架空のWikipediaを作らせる遊び」記事へのコメント

  • 面白かった
    wikipediaにしなくても十分楽しめたわ

    今書いてもらった記事1段落目の続きならこんな感じ

    種部分
    > AI技術による文章の作成技術が進歩し、単語などを並べることで自動的に小説を作成してくれるツールなどの品質が向上している。Togetterのまとめによると、べっくみんさんが『にほんご文章・小説AI「AIのべりすとα2.0」』で適当に銃器関係の名前を羅列したものを登録したところ、名前が鉄砲のものであることを認識してくれただけでなく、銃の名前と生産地を繋げ、なおかつ面白そうな書き出しを作り出してしまったという(べっくみんさんのツイート、Togetter)

    • 続きを作る種にするためとか?
      単にユーザーに続きを作りたくさせるためだったり。
      たまに切りよくなることも

      未知のハックに一心不乱に取り組んだ結果、私は自然の法則を変えてしまった 。』
      『そしてその代償として、私はこの世界の人間ではなくなってしまったのだ。
      私がこの世界に来たのは、いわば神隠しの類だ。
      しかしそのお陰で、この世界をこの目で見る事ができた。
      そして何より、私の愛した人間に会えた。
      私はそれだけでも十分満足しているよ。
      だから君も気にしないで欲しい。
      君は君の人生を歩んでくれればそれでいいんだから。
      私のようにならないようにね』
      「……」
      僕は目の前のメッセージウィンドウを呆然と眺めていた。
      正直なところ、今の内容を信じるか信じないかと言われたらまず間違いなく信じないと思う。
      しかし、もし仮にこれが事実だとしたら? 僕が今までしてきた事は一体なんだったのか?
      「……あぁ」
      僕は思わずその場で膝をつくとそのまま床へと崩れ落ちた。
      結局僕はただの傍観者に過ぎなかったってわけ

192.168.0.1は、私が使っている IPアドレスですので勝手に使わないでください --- ある通りすがり

処理中...