パスワードを忘れた? アカウント作成
350234 story
グラフィック

デジタル加工しすぎた化粧品の広告、英国で掲載禁止に 57

ストーリー by reo
美しすぎる○○ 部門より

headless 曰く、

雑誌に掲載された化粧品の広告に消費者の誤解を招くようなデジタル加工が施されているとして、英国の Advertising Standards Authority (ASA) は掲載禁止命令を出した (CNN.com の記事MSN 産経ニュースの記事) 。

対象となったのは女優のジュリア・ロバーツをモデルにしたランコムのファンデーション「Teint Miracle」と、スーパーモデルのクリスティー・ターリントンをモデルにしたメイベリンのファンデーション「The Eraser」の雑誌広告。これらの雑誌広告について自由民主党の国会議員、Jo Swinson 氏は、肌の美しさがデジタル加工の結果であるにも関わらず、製品の効果によるものと消費者を誤解させると主張したとのこと。ASA は審査の結果、Swinson 氏の主張を認めて掲載禁止の措置を取った(ASA によるランコムメイベリンの審査結果) 。

これに対して両ブランドを傘下に持つロレアルは、メイベリンの広告写真をデジタル加工したことを認めたものの、製品の効果を正確に示すための処理だと主張している。ランコムの広告写真については、ライティングやソフトフォーカスなどの技術を使っているが、撮影結果はジュリア・ロバーツ自身の美しい肌によるものだと主張し、レッドカーペットを歩く彼女の写真を証拠として提出したとのこと。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

計算機科学者とは、壊れていないものを修理する人々のことである

読み込み中...