パスワードを忘れた? アカウント作成
1420730 story
ニュース

特許庁、難航していた基幹系刷新を中止へ 85

ストーリー by hylom
安く発注したら人員不足に 部門より
Aluminum-Carbide 曰く、

特許庁が5年前から進めてきた基幹系システムの刷新プロジェクトについて、中止する方針だと日経コンピュータが報じている。要件定義と設計が難航。稼働を3年遅らせたが結局中止となるという。

現場は相当酷いデスマーチ状態だったと推測出来ますが、結局2004年のシステムが最良だった言うのが最高の皮肉でしょうか?

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • 聞いた話? (スコア:5, 興味深い)

    by Anonymous Coward on 2012年01月21日 17時00分 (#2084839)

    庁は業務の全てをシステム化したいけど、手運用や例外が多く、全ての職員は自分に関わる運用しか知らないから
    欲しいシステムを誰も説明できない。
    TSOLは庁の業務を知らない上に、この規模の案件をこなした経験がない。
    アクセンチュアは飾り。何の訳にもたたず、無駄な作業を増やして、責任を負わずに30億稼いだのだから、良い商売だなぁと。
    入札時の賄賂騒ぎでNTTDは絡めないし、TSOLざまぁと思ってる。

    現行システムは、出来ることしか出来ないので、褒めるところはないし問題だらけだけど、
    それゆえに手作業で何とか出来ていた。
    ただ性能面と保守が限界に近く、国際法や条約等への対応も限界状態なので、さてさて。

  • by okky (2487) on 2012年01月21日 20時22分 (#2084924) ホームページ 日記

    「特許庁は現在の作業手順を大幅に見なおして、例外を削減するべき」とか
    「まずシステマチックなデザインを強制的に作って、特許庁の仕事をそれにあわせて刷新する」
    方が、早いってことだな。

    しかし、大抵の場合、そうすると大幅に人員削減できて、しかも効率もアップし、不平不満が減るというおまけまでつく

    --
    fjの教祖様
    • by Anonymous Coward on 2012年01月24日 4時25分 (#2086136)

      まさにそのとおりで、ここの場合も、
      「まずシステマチックなデザインを強制的に作って」
      いたわけですが・・・

      そのシステマチックなデザインが、
       ・アーキテクトの妄想が、当時の現実性を無視して突っ走っていた
       ・そのぶっ飛んだ天才の思想を理解できる業者が極めて少なかった(いなかった?)
      だったりで。さらに、
       ・システマチックなデザインに業務を適用したら、例外がぶわっと出てきて、
        デザイン修正→業務適用のループに入っちゃった
      というのもあったり・・・

      あと、ここの場合、過去数十年にわたって、環境の変化に合わせて
      法令をわんさか作っていたものだがら、お仕事のやりかたやシステムの
      内容を変えるには、少なからず、法令の見直しを行わないといけない、
      というしがらみもあったりします。

      ちなみに、ここの場合、大量採用時代というのがあって、その世代後も、
      同じまたはより速い審査速度を実現するために、
      システム刷新を行おうとしていたsので、
      まさに、「人員削減」「効率アップ」を目指していたのであります。

      # なかのことも知っているのでAC

      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2012年01月21日 20時44分 (#2084931)

      >大幅に人員削減できて
      それは大問題だ!どーしよー

      親コメント
      • 新しい省庁を作ればいいじゃないか。どうしてそんな事も気が付かない?!

        推薦するのは「租税省」かな。国民の代わりに税金を稼ぐ、専門の省だ。当たり前だが給料は稼ぎよりも少なくなるので、100稼ぐと1もらえる完全能力制だ。
        稼げばいいので、必要経費が20必要な場合は 120稼いで1もらえる、という形式にしてもいい。ただし、投資が回収できない場合は全て個人資産からふんだくられる上に、子孫に対する放棄権利も与えない。死ぬ気で稼がないと親族一同からミンチにされるからそのつもりで。

        後もう一つ必要なのは「減税省」。内閣府はもちろん、立法府・司法府全てを回って、無駄な出費を徹底して削減する。例えば、国会議員は国会に出席してても居眠りしてたり、内職したりしているだろう? そういう連中は仕事をしていないので、その分の時間を給料から差っ引くだけでなく罰金もはねるのだ。これまた100稼ぐと1もらえる完全能力制だ。
        こちらはいくらムダがあると入っても対象が有限なので、当然稼ぎも有限になる。故に「同僚の数を制限し、その分を機械に投資して、作業の自動化を進める」という手を率先して使うことを進める。

        --
        fjの教祖様
        親コメント
      • そんな人手が余るなら、アホな特許門前払いするのにもっと人員割けばいいと思うよ常識的に考えて。
        最近だとこの辺 [srad.jp]とかこの辺 [srad.jp]とか。
  • TSOLといえば (スコア:4, 興味深い)

    by Anonymous Coward on 2012年01月23日 18時47分 (#2085897)

    TSOLといえば、システム開発時に交わした10年間は保守する約束を反故にし、
    儲からない保守契約を一方的に打ち切って北海道七飯町の業務が困難に
    なりそうだという記事を思い出しました。

    http://www.47news.jp/CI/200909/CI-20090910-00975.html [47news.jp]

    TSOLは利益が少ない公共機関の保守を次々と削減している一方、
    突然保守が切られることになった七飯町はシステムの更新も間に合わず、
    結局は裁判沙汰になっていました。

    だいじょうぶかいな。

    • by USH (8040) on 2012年01月23日 19時58分 (#2085945) 日記

      契約書にどう書いてあったか、知りたい。

      単年度会計が基本の自治体予算で、複数年保守ってどうやって契約するんだろう。

      親コメント
  • by Anonymous Coward on 2012年01月24日 1時54分 (#2086113)

    特許庁のシステムってのは官庁の中でもかなり古いもので、機械化のハシリと言ってもいい。
    かなり機械化の度合いは高くて、95%を超えている。かなり効率的なわけ。

    かなり古い記事だけど
    http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20050929/221896/ [nikkeibp.co.jp]
    ここにもあるように、無駄遣い率が1ケタ台の優秀なシステムだったわけ。

    それを、さらに運用経費を20-30%も減らす、という無茶な計画をブチあげちゃったのが、運のつきなんだろうなあ。計画が無茶感あった、というか。

    数千億をかけてつくったシステムを、どうしたら、100億や200億で、刷新できると思っちゃったんだろうなあ。

    まあ、実は、削減可能な運用経費(20-30%)のの5年分、というところで、開発費を計算しちゃったので、システム規模もレガシーの数十分の1です、と言いきっちゃった、2005年の呪いを受け続けているわけだが。

    # なかのことも知っているのでAC

  • NTTデータ大勝利! (スコア:3, おもしろおかしい)

    by yossy2012 (45206) on 2012年01月23日 19時08分 (#2085912) 日記
    この特許庁と東芝ソリューションの壮大な爆死、スラドをにぎわす程度には楽しいですね。高みの見物には最適です。 現場では死屍累々なのでしょうけれど。 とりあえず動くものを作り上げるという意味でNTTデータは優秀だったのかもしれません。 隕石が落ちようとも大地震が起ころうとも下請けプログラマが100人死んでも、動くシステムを作り上げる。そこにシビれる憧れるっ!(某読み)
  • オフトピ (スコア:2, 興味深い)

    by Anonymous Coward on 2012年01月23日 20時38分 (#2085967)

    某省の中で、業務も規模も全く違うけど、先日引き継ぎのときに聞いた話。

    最終的に外注するんだけど、あれこれ要件付けて業者を絞ると随契と
    見なされるので最近は業者のすそ切りができず、値段が全てになった。
    その結果、業務実績のない業者まで参入して、仕事をとって行くことが増えた。

    その会社がちゃんと仕上げてくれるのなら何の問題もないが、
    その業界の慣例や業界用語すら知らない、素人同然の会社もおおい。
    結局一から十五くらいまで手取り足取り教えてなんとか成果物ができあがる。
    成果物ができ上がるくらいコミュニケーションが取れる会社はまだマシで、
    何の連絡もよこさず、酷いものが納品されることもある。
    なので、発注書は一から十以上まで書いてかないとヤバい。

    ...んだとよ。

    随契を隠れみのに不透明な会計処理したことを反省するのは当然としても、
    もうちょっとやり方はないのかね。
    昔一円受注が問題になった経緯から、安値とは言っても今はそれなりの金を払うんだしさ。。

  • 特許事務のフローを変えることの出来なかったコンサルは○ぬべきだが
  • けれど、ヤバいならヤバいで断念したのは偉い。

    # これが本稼働とかに持ち込まれたらと思うとね。

    --
    M-FalconSky (暑いか寒い)
  • by Anonymous Coward on 2012年01月21日 15時08分 (#2084780)

    NTTデータ抜きではどうにもならん状況なんかね

  • by Anonymous Coward on 2012年01月23日 17時26分 (#2085852)

    アクセンチュアって、この規模のシステムに何かと絡んでるけど、なにか一つでもまともにできる事あるの?
    進捗管理に30億円って、ボッタクリ。

    • 要はNTTデータの劣化コピーかと。

      「金さえ積めば」「(下請けの)死屍累々の山を築いてでも」
      とりあえず完成させてくれるNTTデータみたいな真似は無理だからね・・・
      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2012年01月23日 17時44分 (#2085860)

      ここまでプロジェクトを継続させた功績はあるんじゃないの?

      普通だったらもっとはやく駄目だってわかったものを
      俺たちがコンサルすれば何とかなるよと幻想を持たせる能力は素晴らしい!!!

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        公務員的には、功績と言うのは幾ら予算を取って来たかって事に尽きるからね。
        継続して予算を撮り続け、完成しないってのが実は一番理想的。
        出来たものの運用なんて、上に行ける目も無い奴の捨て場所に過ぎないわな。

    • by Anonymous Coward

      ボーダフォンのときに絡んでたのもここだったよな

    • by Anonymous Coward

      一度始めたプロジェクトを中止するには30億必要だということなんではないかと。

      どうしようもないシステムを稼働させられて、保守・運用で毎年莫大な税金つぎ込むより安いのかもしれません。

      #アクセンチュアの糞コンサル○ね!と飲み屋で叫んだ記憶があるのでACです。

    • by Anonymous Coward

      コンサルです。
      頼む奴が悪い。

      • by Anonymous Coward

        コンサルです。その2。
        そんな連中の仕事も奪えない下請けが無能すぎ。

        • by Anonymous Coward

          官庁系業務に関わるコンサルってのは、
          「官庁OBを役員に頂く名目上のコンサル」に潤滑に「名目上のお仕事」を回せなきゃ勤まらないんですよ。
          「現場」と「実務」しか知らないような実働系の会社では話にならんのです。

      • by Anonymous Coward

        コンビュー蛸ん猿タントって、本当にあったんだ!!!!

  • by Anonymous Coward on 2012年01月23日 18時45分 (#2085896)

    TSOLの母体になった東芝本体以外の会社の出身者で10年近く別の会社に常駐してた人間とかも、片っ端から呼び戻して投入してたが、失敗したか。
    こっちはこっちでベテランを引っこ抜かれてひどい目にあった。東芝グループのSI屋のかなりの部分に悪影響あたえてるよ。

  • by Anonymous Coward on 2012年01月23日 19時04分 (#2085910)

    2年ほど前に抜けたけど、みんな元気かなー。
    いつか「俺は特許庁の生き残りです」とか言って威張りたい。

typodupeerror

最初のバージョンは常に打ち捨てられる。

読み込み中...