パスワードを忘れた? アカウント作成
12582514 story
バグ

DEET並みに蚊を寄せ付けない香水はフルーティフローラルの香り 17

ストーリー by headless
秘密 部門より
いささか季節外れの話題となるが、持続時間は短いものの、DEET並みに蚊を寄せ付けない効果のある香水が発見されたそうだ(論文ニューメキシコ州立大学のニュース記事Consumeristの記事Gizmodoの記事)。

DEET(ジエチルトルアミド)は確実な蚊の忌避効果が期待できる。しかし、副作用の懸念からDEETを用いず、ハーブオイルなどを有効成分として使用する忌避剤も多い。米国・ニューメキシコ州立大学の研究者らは、DEETを使用するスプレー製品3種、DEET不使用のスプレー製品4種、チアミン(ビタミンB1)を使用するパッチ製品1種のほか、Avonのバスオイル「Skin So Soft Bath Oil」とVictoria's Secretの香水「Bombshell」を用い、ネッタイシマカとヒトスジシマカに対する忌避効果を比較している。

Victoria's SecretのBombshellはフルーティフローラルの香り。過去の研究ではフローラル系の香りが蚊を誘引するとの結果もみられるが、今回の実験ではネッタイシマカ、ヒトスジシマカともに強い忌避効果を発揮し、120分後まではDEETに劣らない効果が持続したとのこと。ただし、実験では一般的な香水の使用量よりも多く噴霧しているため、実際の使用場面では効果が違う可能性もあるとのことだ。AvonのSkin So Soft Bath Oilはネッタイシマカに対する効果が強く、ヒトスジシマカにはあまり効果がなかったようだ。

(虫除け製品での結果に続く...)

DEETを使用する製品はいずれも120分後まで強い効果がみられたものの、240分後には有効成分の少ない(25%/7.0%)製品の効果が薄れ、有効成分98.11%の製品のみ効果が持続している。一方、DEET不使用の製品の中ではレモンユーカリオイルを使用した製品が強い効果をみせ、240分後にも効果が持続している。ゲラニオールとローズマリーオイル、シナモンオイル、レモングラスオイルを使用した製品も強い効果を発揮しているが、ネッタイシマカに対しては30分後に効果が失われている。また、シトロネラオイルを使用した製品はネッタイシマカに対する効果はほとんどみられないものの、ヒトスジシマカには効果を発揮したとのこと。ゲラニオールと大豆油を使用した製品や、チアミンを使用したパッチ製品では効果がほとんどなかったそうだ。
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by yutarine (14862) on 2015年11月15日 18時35分 (#2917840) ホームページ 日記

    で、この香水には副作用はないんですか?

    というか、香水全般について有害性の検討ってされてるんだろうか…。

    • by Anonymous Coward

      単体で有害な香水って
      販売許可が出ないんじゃないかな

      他人の香水と混ざって異臭となる場合は
      知ったこっちゃないというのが
      香水業界のお約束

      香水って体臭と混ざって良い香りにさせるものだから
      仕方ないっちゃ仕方ないんだが。。。

      化粧品売り場どころか
      女性専用車両付近にさえ近づきたくない

      • by Anonymous Coward

        となりの車両が女性専用なのにキツい香水を纏った方が乗ってこられると、女性専用車両へ行けよと思うこともしばしば。
        折角「専用」が設定されているんだから、まずそっちに優先させて乗せろよといいたい。

      • by Anonymous Coward

        > 単体で有害な香水って販売許可が出ない
        規制はあるにしても、別に薬事法みたいな厳重な安全性検査の義務はないような…

    • by Anonymous Coward

      (M)SDSが出てんじゃない?

  • by Anonymous Coward on 2015年11月15日 16時57分 (#2917805)

    いや、なんでもない。

    • by T.Sawamoto (4142) on 2015年11月16日 14時30分 (#2918242)

      ある朝、グレゴール・ザムザが目覚めると、自分が一匹のNEETになっていることに気付いた。
      グレゴールは自分が勤める店のブラックっぷりにほとほと嫌気がさしてしまったのである。
      父、母、そして妹は当初グレゴールを気遣うが、次第に彼を疎ましく感じ、ついには憎むようになっていった。
      そんなおり、グレゴールは使用人の老婆のつけていたフルーティフローラルな香水を忌避し、家から出て行ってしまう。
      ザムザ一家はそうして平穏を取り戻したのだった。

      グレゴールはその後、羽化し夜の蝶として羽ばたいているという。

      めでたしめでたし。

      親コメント
    • by Anonymous Coward
      確かに悪い虫は寄って来なさそう
      • by Anonymous Coward

        花嫁修業中とか家事手伝いという同義語に変換すれば
        騙される虫は多そうだ

        # 小梨専業主婦も同義語

  • by Anonymous Coward on 2015年11月15日 17時37分 (#2917820)

    うちは未だに蚊が出ます(´;ω;`)

  • by Anonymous Coward on 2015年11月15日 19時35分 (#2917874)

    電車でよくいる香水BBAは蚊除けで使ってたんですね<違

    • by Anonymous Coward

      キンチョールに似た匂いの香水はあったような。和訳するとダイレクトに「毒」っていう名前の奴とか。

  • by Anonymous Coward on 2015年11月15日 22時00分 (#2917967)

    ワンプッシュで14時間とか蚊を殺し続ける噴霧剤がかなり凄いので、
    大袈裟に言うと人類はあれで蚊を絶滅させられるんじゃないかと。

    • by Anonymous Coward

      地球規模で隈なく噴霧できるならな

      #そして宇宙へ旅立つのであった

  • by Anonymous Coward on 2015年11月16日 0時07分 (#2918030)

    昔から花や樹木からの精油に忌避効果があるって言われたのが、化学的に証明されただけでしょ。

typodupeerror

「毎々お世話になっております。仕様書を頂きたく。」「拝承」 -- ある会社の日常

読み込み中...