パスワードを忘れた? アカウント作成
13807321 story
ゲーム

中国当局が再開した中国製オンラインゲームの認可、12月分は80タイトルにとどまる 1

ストーリー by hylom
業界的には朗報? 部門より
headless曰く、

中国・国家新聞出版広電総局(SAPPRFT)のWebサイトで12月29日、昨年3月から停止していた中国製オンラインゲームの新タイトル認可リスト2018年12月分が発表された(South China Morning PostThe VergeReuters第一財経の記事)。

昨年3月までは毎月数百本のタイトルが認可されていたが、今回の認可は80タイトルにとどまる。また、大手のTencent(腾讯)やNetEase(网易)のタイトルが含まれないことも指摘されている。ただし、昨年3月までの認可リストでも両社は毎月数タイトル程度であり、認可のない月もみられる。たとえば、昨年3月の認可リストでは727タイトル中、パブリッシャー名または運営者名に「腾讯」が含まれるものは1タイトル、「网易」が含まれるのは3タイトルだった。

中国メディアの報道によると認可は申請順に行われているとのことで、両社のタイトルはまだ認可待ちの状態とみられる。Tencentは2018年第3四半期の決算発表で、15タイトルが認可待ちだと説明していたという。新タイトルの認可については先日、間もなく再開される見通しを中央宣伝部国家版権局副局長の馮士新氏が示していた。なお、SAPPRFTは3月の組織改編で国家広播電視総局(NRTA)に改称し、新聞・出版関連は国家版権局傘下の部署となっているが、ゲームの認可リストは引き続きSAPPRFTのWebサイトで公表されている。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2019年01月06日 0時42分 (#3543883)

    完全にテンセント潰そうとしてますね
    メディア関係で巨大化しすぎたからお取り潰し
    でも江戸時代の淀屋みたいに簡単に潰せるとも思えないから
    今年はテンセント側の反撃も見られるかも…

typodupeerror

皆さんもソースを読むときに、行と行の間を読むような気持ちで見てほしい -- あるハッカー

読み込み中...