パスワードを忘れた? アカウント作成

アカウントを作成して、スラドのモデレーションと日記の輪に参加しよう。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2019年9月4日のIT記事一覧(全3件)
13994973 story
インターネット

Microsoft製ブラウザーのFlashサポート終了計画が更新、現行版ブラウザーでは2019年中のデフォルト無効化を中止 23

ストーリー by hylom
着々と終了への環境整備が進んでいる 部門より

headless曰く、

Microsoftは8月30日、Microsoft Edge/Internet ExplorerにおけるFlashサポート終了計画の更新版を発表した(Microsoft Edge BlogWindows CentralNeowinSlashGear)。

Microsoftは2017年7月、AdobeがFlashの終息計画を発表したのにともない、Microsoft Edge/Internet Explorerで段階的にFlashのサポートを終了する計画を発表していた。その後MicrosoftはChromiumベースの次期Microsoft Edge開発計画を発表しており、Microsoft製の全ブラウザーをカバーするためにFlashサポート終了計画を更新したようだ。

現行のMicrosoft Edge(EdgeHTML)ではWindows 10 Creators UpdateでClick-to-Runが導入され、2017年の計画通り現在はセッションごと+サイトごとにユーザーがFlashの実行を許可する仕組みになっている。2017年の計画では2019年の半ばから終わりにかけてMicrosoft EdgeとInternet ExplorerのデフォルトでFlashを無効化する計画が示されていたが、Flashをデフォルト無効にするためのパッチは配布しないことにしたという。そのため、両ブラウザーでは2019年中に動作が変わることなく、現状の通り動作し続ける。ただし、2020年12月までにFlashを完全に削除する計画に変更はないとのこと。

一方、次期Microsoft Edgeは他のChromiumベースブラウザーと同じタイミングでFlashサポートを段階的に終了していく。Flashは当初から無効化され、ユーザーはサイトごとにFlashを有効化する必要があるという。こちらも2020年末頃にはFlashが完全に削除されるとのことだ。

13995778 story
YouTube

ウェブ版YouTube Kids、九九で保護者(大人)であることの確認を行う 64

ストーリー by hylom
電卓でOKでは 部門より

headless曰く、

Googleは8月29日、ウェブ版YouTube Kidsを開始した(YouTube Helpの更新情報SlashGearMashableThe Verge)。

ウェブ版を使い始めるには保護者による初期設定が必要となるり、保護者(大人)であることを確認するために掛け算の問題が出題される。少し試してみた限り、問題は1桁同士の掛け算(九九)のみであり、答えが1桁になる問題は出なかった。しかし、YouTube Kidsの対象年齢は4歳以下~12歳となっており、対象年齢の大半が簡単に正解できる問題だ。不正解の場合は新しい問題がランダムに出力されるのだが、回数に制限は設けられていないようだ。そのため、掛け算ができなくても適当な数字を選び、(選んだ数字が九九の答えになるものであれば)繰り返し入力し続けることで突破できる可能性もある。

初期設定完了後の設定変更では、デフォルトの掛け算の他に4桁のパスコードを選択することも可能だ。YouTube Kids保護者向けガイドに記載されている「表示された数字を入力」という保護者確認オプションの動作は確認できなかった。

The Vergeは簡単には正解できないような問題にすることを提案しているが、逆に大人でも正解できなくなってしまう可能性がある。そもそも何かの問題が解けるかどうかで大人かどうかを確認するのは無理な気もする。スラドの皆さんのご意見はいかがだろうか。

13995876 story
インターネット

hulu日本版、ドメインを「happyon.jp」から「hulu.jp」に戻す 20

ストーリー by hylom
常識では考えられないとまで言われたのに 部門より

Anonymous Coward曰く、

動画配信サービスhuluの日本版は2017年にドメインを「hulu.jp」から「happyon.jp」に変更したことが過去話題となったが、9月3日にhulu日本版のURLがhulu.jpに戻されたとのこと(ITmediahuluの発表)。また、ユーザーに送信される各種メールの送信元アドレスは今後「hulu.jp」や「hulu-japan.jp」が使われるという。

なお、過去のhappyon.jpへのドメイン名変更の際は「システムを全面リニューアルするにあたって、サービスを止めずに移行するため」と説明されていた(Engadget日本版の2017年記事)。

typodupeerror

ソースを見ろ -- ある4桁UID

読み込み中...