パスワードを忘れた? アカウント作成
14088177 story
Google

Google Cloud Storageに低保存料金・高読み出しコストのストレージクラスが追加される 2

ストーリー by hylom
バックアップ用 部門より

Googleのクラウドサービス「Google Cloud Platform(GCP)」では、任意のデータ(ファイル)を格納できる「Google Cloud Storage(GCS)」というストレージサービスが提供されているが、このGCSに新たなストレージクラス(料金プラン)の「Archive」が追加された。従来はテープストレージなどを利用していた、低頻度でのアクセスしか行わないようなデータのためのストレージクラスで、1GBあたり月間0.0012ドル(1TBあたり月間1.23ドル)と保存コストが安いのが特徴(PublickeyGoogle CloudのProduct News)。

Googleの他のサービスと同様、データは暗号化された上で複数のゾーンにコピーして保存することで冗長化される。年間の可用性は99.999999999%。ほかのストレージクラスと同様、データアクセス時の遅延はミリ秒レベルだという。ただし、保存コストは安いものの操作コストはほかのストレージクラスと比べて高めに設定されており、クラスA(データの書き込みや更新など)およびクラスB(データの取得など)のAPI利用料金はどちらも1万件あたり0.5ドル、データ取得時のコストは1GBあたり0.05ドル。合わせて、データ読み出し時には容量に応じたネットワーク転送料金(1TB未満の場合1GBあたり0.12ドルから)も必要となる。さらにストレージの最小利用期間は365日に設定されている点にも注意が必要(料金ページ)。なお、GCPのほかのサービスと同様に無料枠が用意されており、容量5GB、転送量1GBまでなどの条件内であれば無料で利用が可能。

  • by Anonymous Coward on 2020年01月14日 22時50分 (#3745190)

    なんで出来ないの?

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      かかるコストなんてどうでもいいから、俺が望む料金にしなよ、
      ていう主張をしたいんなら、
       なにもかも全額タダにしなよ、むしろ使った分だけお金貰えるようにしなよ。なんで出来ないの?
      ぐらいにしないと。

typodupeerror

あと、僕は馬鹿なことをするのは嫌いですよ (わざとやるとき以外は)。-- Larry Wall

読み込み中...