パスワードを忘れた? アカウント作成
14098910 story
Mozilla

とあるアドオン開発者、Thunderbird 78へのアドオン対応のためにKickstarterで支援を呼びかける 21

ストーリー by hylom
Firefoxが通った道か 部門より

メールクライアント「Thunderbord」のアドオン仕様が今後変更される見込みだが、それによって大幅な修正が必要になるとしてアドオン開発者がKickstaterで資金を募っている窓の杜)。

この開発者はメールを送信する時刻を設定できる「Send Later」など複数のアドオンのメンテナンスを行っている。これらアドオンは無料で提供されているが、Thunderbird 78ではアドオン関連の仕様が大きく変わり、これに対応させるには多くの作業が必要になることから、これらプラグインを有償化することにしたという。価格は次のように設定されている。

  • 5ドルで1つのアドオンを2年間利用可能
  • 10ドルで3つのアドオンを2年間利用可能
  • 25ドルで1つのアドオンを永久に利用可能
  • 50ドルですべてのアドオンを永久に利用可能
  • by Anonymous Coward on 2020年01月29日 16時52分 (#3752827)

    ちょっと高いと思うんですが、こんなものですか?
    #ニッチなことを自認してるから高いのかな

    ここに返信
    • 活動に対する応援ならそんなに高いとは感じないです。
      これらのプラグイン使ってないので私は出しませんが
      普段使っているものであれば出してるでしょう。

    • by Anonymous Coward

      消費者観点で高いという意味か、Kickstarterで受け取る報酬額が(プロダクトに比して)高いという意味かによって、コメントの意味が変わってくると思う。
      まあ消費者観点の意味だと思うけど。

      このアドオンだけ必要で一生使えるなら$50ぐらいなんてことないんだけど、
      すべてのアドオンが商用製品として同じ要求をしてくるとすると、1アドオンに出すのは(取捨選択したうえで)十分の一ぐらいかなあ。

  • by Anonymous Coward on 2020年01月29日 16時57分 (#3752833)

    また誤訳かよと思ったら「pay once, use forever!」だった。
    永久っていうのは実際どのくらいなんだろう。

    #私は販売終了から6年経つソフトを無償メンテしてる

    ここに返信
    • なんか内容が似ていて紛らわしいのですが、「有償化したアドオンの価格」と「今回のファンディングの特典」は別ものですね。
      kickstarterのページ [kickstarter.com]によると

      有償化後のアドオン価格

      • 1つのアドオンをお一人でお使いの場合、1年当たり5ドル
      • 3つのアドオンをお一人でお使いの場合、1年当たり10ドル
      • すべてのアドオンをお一人でお使いの場合、1年当たり25ドル
      • すべてのアドオンをお一人でお使いの場合、永久ライセンス50ドル

      に対して、今回のクラウドファンディングの特典

      • 5ドル以上の支援: 1つのアドオンに対して2年間のライセンス(50%オフ)
      • 10ドル以上の支援: 3つのアドオンに対して2年間のライセンス(66%オフ)
      • 25ドル以上の支援: 1つのアドオンについて永久ライセンス(通常のライセンスに該当なし)
      • 50ドル以上の支援: すべてのアドオンに対する永久ライセンス(値段変わらず)

      とのことで。

      > 永久っていうのは実際どのくらいなんだろう。

      私の現在のすべてのアドオンと今後私が開発するアドオンのすべてをお使いいただけます。

      だそうですよ。

    • by Anonymous Coward

      ・開発者本人の都合で終了
      ・Firefoxの仕様の再(再再…)変更で対応断念
      ・Firefoxが終了

      どれかな?

      • by Anonymous Coward on 2020年01月29日 20時30分 (#3752992)

        永久に使える権利があると次に大規模仕様変更があったときにヘビーユーザーからの資金調達が困難になるな。

      • by Anonymous Coward

        FirefoxじゃなかったThunderbirdだった
        っていうか「Thunderbord」ってなんだよ

        >メールクライアント「Thunderbord」のアドオン仕様が今後変更される見込みだが、

        • by Anonymous Coward

          そこは突っ込んじゃダメ

        • by Anonymous Coward

          Thunderboltに関する記事をThunderbirdに関する記事だと勘違いしてしばらく読み進めていた俺に、責める資格は無かった・・・

    • by Anonymous Coward

      次にアドオン関連仕様が変わるまででは?
      つまり直前のバージョンのThunderbirdを使い続ける限りは。

  • by Anonymous Coward on 2020年01月29日 21時19分 (#3753030)

    そういやうちのThunderbirdも少し前からとあるアドオンに寄付を募るポップアップが出てたんですが、調べたら同じ作者のものでした。

    私の場合はアドオンを無効にして今日まで数日間過ごしてみましたが、別に不自由もなかったので先ほど削除しました…。

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2020年01月29日 21時41分 (#3753045)

    ユーザー少ないからアドオンが少ないのよね。ほとんど移行しないでFirefoxみたいにシェア落ちてくんじゃない?
    最新はIMEが無変換で強制確定されるバグも絶賛放置中だし…

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      確かにアドオンはEnigmailしか入れてない。そのEnigmailは次期バージョンで標準機能に取り込まれるらしいからアドオン不要になるな

  • by Anonymous Coward on 2020年01月29日 22時35分 (#3753073)

    個人的には、差し込み送信のMail Merge [thunderbird.net]と、TNEFで送りつけられたメールに対応するLookOut (fix version) [thunderbird.net] が使い続けられると嬉しい。

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2020年01月30日 8時19分 (#3753172)

    その場では収入が来るかもしれないけど、長期的にはライセンサーの収入減にならないの?
    短期ライセンスの方を安くしたほうが良いんじゃない?
    というか期間の違いなんて設けなくても。

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2020年01月30日 9時03分 (#3753205)

    ほら「オープンソースとして開放しろ」と

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      むしろFSFが金出して支えろよ

    • by Anonymous Coward

      ???
      >Mozilla Public License, version 2.0 の下で公開されています

typodupeerror

未知のハックに一心不乱に取り組んだ結果、私は自然の法則を変えてしまった -- あるハッカー

読み込み中...