パスワードを忘れた? アカウント作成

今週も投票をしましたか?

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2020年3月16日のIT記事一覧(全5件)
14136233 story
インターネット

インターネット広告費が初の2兆円超え 26

ストーリー by hylom
その何割が大手プラットフォームに入っていったのか 部門より

Anonymous Coward曰く、

大手広告代理店の電通が3月11日、日本の広告費についての状況をまとめた「2019年 日本の広告費」を公表したITmediaCNET Japan)。

2019年の総広告費は推定で6兆9,381億円(前年比106.2%)と、8年連続でプラス成長となった。

一方で、新聞・雑誌・ラジオ・地上波テレビのいわゆる「4媒体」の総広告費は2兆6,094億円(前年比96.6%)で5年連続で減少。特に減少幅が大きかったのは雑誌で前年比91.0%(1,675億円)、新聞は前年比95.0%(4,547億円)、ラジオは前年比98.6%(1,260億円)、テレビは前年比97.3%(1兆8,612億円)となっている。

一方でインターネット広告費は2兆1,048億円で、前年比119.7%と伸びている。いわゆる「4媒体」由来のインターネット広告費も伸びているようだ。また、屋外広告やダイレクトメールなどの「プロモーションメディア広告費」は2兆2,239億円で前年比107.5%と成長している。これにはイベントや展示、映像などが前年比158.4%と大きく増加したのが影響しているようだ。

14136345 story
お金

ITコーディネータ協会で4,500万円横領事件 33

ストーリー by hylom
やったもん勝ちか 部門より

NOBAX曰く、

中小企業などでのITの利活用を支援するプロ集団「ITコーディネータ」の資格認定や研修をおこなうNPO法人ITコーディネータ協会で、従業員の横領が発覚したことをフライデーが報じています。

同法人の協会トップの秘書兼経理担当だった女性が4,500万円を横領。その後この女性は自己破産したとのことで、横領した金の回収は見込めないようです。

なお、同協会はこのことを公表しておらず、今後公表する予定も現時点ではないようだ。

14136526 story
インターネット

新型コロナウイルスの影響で平日昼のネットトラフィックが増加 9

ストーリー by hylom
業務用ならそんなものか 部門より

IIJ Engineers Blogが、「新型コロナウイルスのフレッツトラフィックへの影響」なる記事を公開している。新型コロナウイルスの影響で多少平日昼間のインターネットトラフィックは増えたものの、大きな問題になるレベルではないという(INTERNET Watch)。

記事では、IIJのインターネット接続サービスのトラフィックについて分析が行われている。これによると、3月2日から行われた小中高校の休校措置とそれによる在宅勤務の増加により、平日昼間のトラフィックが「ダウンロードで15%、アップロードで6%」ほど増えているという。とはいえ、量的には通常の休日よりも少ない程度に収まっているとのこと。また、ピーク値もあまり増えていないという。

14136530 story
ソフトウェア

もうマスクでは顔認証からは逃れられない 37

ストーリー by hylom
人間から見ても識別が難しいのに 部門より

Anonymous Coward曰く、

北京に本拠を置く顔認識ソフトウェアメーカーHanwang Technologyは、新型コロナウイルスの影響で増えたマスク着用者でも人物を特定可能なソフトウェアを開発したという。同社によると、約600万のマスクされていない人の顔のサンプルデータベースと、マスクされた顔の面積が小さなデータベースを使用してシステムを作成した。

同社は新型コロナウイルスの流行が始まった1月から技術開発を開始した。システムはわずか1か月後に完成したという。同社のHuang Lei副社長によると、人々がマスクを着用したときのシステムの認識率は約95%に達したものの、通常の成功率99.5%には及ばないと答えている。同様にAIスタートアップである中国のSenseTimeも2月、マスクを着用者を識別できるように製品を改修したと発表している。

コロナウイルスが監視を強化する口実として使用されていると批評家は主張している。ただしHanwangのシステムの場合は、フェイスマスクとサングラスの両方を組み合わせればシステムから逃れられる(TNWSlashdot)。

14136531 story
Chrome

Chrome OS用にCloud Printに代わる印刷システムが導入される? 5

ストーリー by hylom
まあ必要ですよね 部門より

Anonymous Coward曰く、

Chrome OSで印刷を行う方法は複数あるが、Google Cloud Printを使用していない場合はプリントキューを確認することができないという問題があり、ページ数の多い文書を印刷する際などに、キャンセルなどの操作で困ることがある。そして、プリントキューを確認できる手段であるGoogle Cloud Printも2020年12月31日でサービスが終了する予定だ。そこでGoogleはそれに変わる機能をChrome OSに追加するよう取り組んでいるようだ。

その証拠となるのが、Chrome OS固有の設定フラグ「chrome://flags」から、印刷管理アプリ(Print Management App)の項目が見つかったこと。現状ではまだ開発の初期段階だが、Chrome OSに足りていない印刷ジョブの管理を行う機能となっている。Cloud Printからも機能が強化され、先述したホスト側からのプリンタエラーの確認や印刷の中断なども行える仕様に変更されるようだ。加えて印刷だけではなく、スキャナーに接続し、写真やドキュメントを取り込むための機能を示唆する項目も確認できる。

これらの機能がいつ正式リリースとなるのかは不明ではあるものの、遅くともCloud Printが終了する2020年内には用意されると考えられている(9to5GoogleEngadget日本版Slashdot)。

typodupeerror

ハッカーとクラッカーの違い。大してないと思います -- あるアレゲ

読み込み中...