パスワードを忘れた? アカウント作成
14164969 story
著作権

米連邦地裁、Instagram投稿のWebページ埋め込みにコンテンツ所有者から直接許可を受ける必要はないと判断 11

ストーリー by headless
間接 部門より
米国・ニューヨーク南部地区連邦地裁のKimba M. Wood判事は13日、著作権者がInstagramで公開した写真をWebページに埋め込む行為について、コンテンツ所有者から直接許可を受けていなくても著作権侵害にならないとの判断を示した(裁判所文書: PDFThe Vergeの記事Ars Technicaの記事)。

この裁判はInstagramで公開した写真を無断で記事に使用されたとして、報道写真家のStephanie Sinclair氏が写真の削除と損害賠償の支払いを求めて2018年にMashableと親会社のZiff Davisを訴えていた(PDF)ものだ。問題となったのは2016年にMashableのWebサイトに掲載された記事で、Mashable側は当初Sinclair氏に50ドルのライセンス料を提示したが断られ、Sinclair氏のInstagram投稿を埋め込む形で写真を使用した。なお、現在Sinclair氏のInstagramアカウントは非公開になっており、Mashableの記事からも埋め込みコードは削除されている。

従来、こういったケースでは「Server Test」と呼ばれる「第三者のサーバーに保存された写真をWebページに表示しても、Webページ側は著作者の展示する権利を侵害しない」という、第9巡回区控訴裁判所の2007年判例に従って判断されていた。しかし、2018年にはニューヨーク南部地区連邦地裁の別の判事がデータの保存場所にかかわらず、無断で写真を掲載すれば展示する権利の侵害になるとの判断を示すなど状況は変わりつつあるようだ。

今回、Mashable側はServer Testではなく、Instagramの利用規約に注目。利用規約では利用者がアップロードしたコンテンツについて、サブライセンス可能なライセンスをInstagramに付与すると明記されている。Instagramのプライバシーポリシーでは利用者が公開したコンテンツについて、InstagramのAPIを通じて利用可能になると記載されており、Webページへの埋め込みInstagramのAPIを使用したものだ。そのため、埋め込みによるコンテンツの利用はInstagramから有効なサブライセンスを受けており、著作権侵害には相当しないと主張していた。

一方、原告側は直接のライセンスを断られたMashableがInstagramからサブライセンスを受けることはできない、Instagramの利用規約とポリシーは複雑で異なる解釈も可能であり、その意味するところは公知の事実とはいえない、などと反論したが、すべて有効な主張とは認められず、Mashableの取得したサブライセンスは有効と判断された。判事はZiff DavisがMashableの著作権侵害にかかわったという原告側の主張も認めず、原告側の請求をすべて棄却した。
  • by Anonymous Coward on 2020年04月19日 11時55分 (#3800555)

    嫌なら非公開にするか自前のサイトで写真公開しよう。

    ここに返信
  • 外部サイトのリンクを張るとどうなるんだろう?
    勝手にサムネイル取得して表示しそれについてもサブライセンスする権利を委任したことになるのかな?

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2020年04月19日 12時23分 (#3800559)

    お米の国では何らかのAPIを通したデータは元の著作権は無視して構わない、という事ですか?

    # スラドでは投稿等について何らかのAPIを通す仕組みってあるんだろうか???

    ここに返信
    • Re:ようするに (スコア:3, 参考になる)

      by Anonymous Coward on 2020年04月19日 12時57分 (#3800570)

      今回の場合は
      「インスタグラムに著作権者がアップロードした作品はインスタグラム内でサブライセンスする権利をインスタグラム運営側が持つことになる」
      という規約によるものですね
      なのでインスタグラム内で他の利用者がその作品を埋め込んでも問題は無いという

      これが「他人の作品を自分の作品として盗用した」だとまた話が違うでしょうけど

      • by Anonymous Coward

        訂正
        × インスタグラム内で
        ○ インスタグラム内を表示させるAPIで

        ですね

      • by Anonymous Coward

        インスタ側もユーザーによって、API経由でのリクエスト時は画質劣化版とかサムネイル版を応答するとか選択できるようにすれば、ユーザー、インスタ、APIリクエスタそれぞれwinwinwinにできるんじゃなかろうか。

    • Re:ようするに (スコア:2, 参考になる)

      by Anonymous Coward on 2020年04月19日 12時41分 (#3800564)

      APIどうとかではなくて、webサービスに載せて公開した時点でそのサービスの利用規約に同意したものとみなすってことでしょ

      あと著作権は投稿者が持っていて、その著作権者が明示的にInstagramに対して(利用規約への同意の形で)再頒布を許可したという形になっていると思うので、「著作権を無視」という表現は適当でないと思う。判決読んでないけど。

  • by Anonymous Coward on 2020年04月19日 20時20分 (#3800705)

    クリエイティブ・コモンズではライセンスの複雑化を避けるためにサブライセンスは禁止されているな(どれだけ下流の利用者でも、すべて原著作者が直接ライセンスするという立て付けになっている)。

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2020年04月20日 11時33分 (#3800890)

    APIで使用される場合の制御はどこまで可能なんだろうか?
    例えば特定のアクセスキーからのアクセスに対してのみ表示される画像を変更できるとしたら、
    どんな画像に差し替えられるか分かったもんじゃないから、著作者の意に反して利用することは怖くて出来ないよね。

    報道機関の社長への批判文章に差し替えらるとか。

    ここに返信
typodupeerror

一つのことを行い、またそれをうまくやるプログラムを書け -- Malcolm Douglas McIlroy

読み込み中...