パスワードを忘れた? アカウント作成
14192548 story
アメリカ合衆国

米下院、電子的手段を使わずにリモートからプロキシ経由で採決参加を可能にする決議を採択 28

ストーリー by headless
採決 部門より
米下院は15日、他の議員をプロキシ(代理人)に指名するという電子的でない方法でリモートからの採決参加を可能にする決議を採択した(Ars Technicaの記事The Hillの記事CBS DFWの記事The National Law Reviewの記事)。

この決議はCOVID-19パンデミック中に限って適用され、下院議長が少数派の代表と協議のうえ45日間(短縮・延長可能)のリモート採決可能期間を設けることが可能になる。これにより自主隔離中の議員も採決に加わることが可能になるが、議場に入る議員の数を減らして安全な距離を保つことが主目的のようだ。

議員は署名入りの委任状を下院事務総長に提出(電子的な方法での提出も可能)することで代理人を指名できる。1人の議員は最大10人までの代理人になることができ、指名した本人の指示に従って出席記録や投票を行うことになる。代理人指名はいつでも破棄できるほか、本人が会議への出席を記録するか、投票を行った時点で自動的に破棄される。

同決議では委員会審議のリモート開催についても規定されている。これにより、完全なリモート審議が正規の審議として認められるほか、通常の委員会審議にリモートで参加した場合にも出席者として記録され、投票も可能になる。リモート審議で使用するテクノロジーについては規定されていない。

早期のビジネス再開を目指すドナルド・トランプ大統領の意向を受けた共和党議員の多くは反対したようだが、決議には共和党が多数を占める上院や大統領の承認は必要なく、即時発効となる。
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • RFC (スコア:3, おもしろおかしい)

    by Anonymous Coward on 2020年05月23日 14時07分 (#3820656)

    Network Working Group
    Request for Comments: xxx
                          A. Coward
                         23 May 2020
        代理人による投票データ伝送に関する規格

    当メモの位置づけ

    当メモは、投票データを代理人を用いてカプセル化する実験
    的手法について述べる。この規格は特にパンデミック下にお
    ける会議の運営において有用である。当規格は実験的なもの
    であり、推奨標準ではない。当メモの配布に制限は設けない。

  • 将棋界でも (スコア:2, 参考になる)

    by shinshimashima (9763) on 2020年05月23日 17時45分 (#3820738) 日記

    電子的手段を使わずにリモートからプロ棋士経由で総会で議決権を行使できます。

    委任状ってやつですが

    --
    ともあれ、ヤードポンド法は滅ぶべきであると考える次第である
  • by Anonymous Coward on 2020年05月23日 13時34分 (#3820644)

    時代を先取りしすぎていたな

  • by Anonymous Coward on 2020年05月23日 19時24分 (#3820777)

    Delegate とか Squid とかそういう話だと思うだろ、普通。

    • by Anonymous Coward

      それと同じ話だと思った。
      証明書検証はするのかとか。開封するのかとか。

    • by Anonymous Coward

      自転車のブレーキみたいなワイヤーを議場外部に延々と伸ばして機械的に採決ボタンを押すのだと思ってわくわくしたのにがっかりだよ。

  • 特に衆議院は党対党を是としているんだから、選挙で得られた議決権10個に対して議員1人とかにすりゃ、議員定数は一気に1/10にできるぞ。
    採決の土壇場で造反者が出るっていうこともますます無くなるから、民主主義としては劣化なんだろうけど。

typodupeerror

Stay hungry, Stay foolish. -- Steven Paul Jobs

読み込み中...