パスワードを忘れた? アカウント作成
14268215 story
法廷

カリフォルニア州控訴裁判所、欠陥商品がFulfillment by Amazonプログラムで販売された場合はAmazonにも責任があると判断 31

ストーリー by headless
責任 部門より
米カリフォルニア州第4地区控訴裁判所は13日、Fulfillment by Amazon(FBA)プログラムを利用してサードパーティーの出品者が販売した商品の欠陥にはAmazonにも責任があるとの判断を示した(The Vergeの記事GeekWireの記事Mashableの記事裁判所文書: PDF)。

この裁判はFBAプログラムを利用する出品者から購入したノートPC用バッテリーが数か月の使用で爆発し、深刻な火傷を負った購入者がAmazonや出品者などを訴えていたもの。1審のサンディエゴ郡上級裁判所では出廷しなかった出品者に懈怠判決を下す一方、Amazonの請求を認めてAmazonに責任はないとする略式判決が下されたため、原告が控訴していた。

控訴審での主な争点は略式判決が正当なものであったか、Amazonに無過失責任が認められるか、Amazonが米通信品位法230条の免責対象となるか、といったものだ。FBAプログラムではAmazonが在庫管理から受注・決済・発送までをすべて行う。そのため、控訴裁判所ではAmazonが取り扱う商品の安全性確保に努めるべき立場にあったと判断し、Amazonの無過失責任を認めた。また、通信品位法230条の規定ではサービスプロバイダーを他者が提供したコンテンツの責任を負うべき出版社や講演者とみなさないと定めているが、無過失責任はAmazonの活動内容によって決まるとし、免責の対象にならないと判断している。

その結果、控訴裁判所では略式判決を無効として下級審に差し戻し、今回の意見に沿った判決を出すよう命じた。これについてAmazonは不当判決として上告する意向を示しているとのこと。サードパーティー出品者が販売した商品による損害に対するAmazonの責任については、米連邦巡回区第3控訴裁判所も同様の判断を昨年示している。ただし、こちらは出品者がFBAプログラムを利用せず、商品を直接被害者に発送していた点が異なる。
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • その不名誉も同時にかぶるべきなんじゃねえの

    UberEatsの配達員が事故起こしたらUberが責任取らなきゃならないのと同じ
    いい評価と利益だけは貰って悪評は契約した自営業者の責任、みたいないいとこ取りはアカンでしょ

    • by Anonymous Coward on 2020年08月16日 12時50分 (#3871066)

      見せ方の問題な気もしますが
      今のamazonだとamazonなのかそれ以外なのか判り易いデザインとは言い難く、業者もamazonも錯誤を狙っていると言われ兼ねない
      これが実際のショッピングモールみたいに軒先を貸していることが明らかなデザインであれば、負うべき責任も限定されてもおかしく無い

      日本の実在店舗の商習慣でも、所謂「消化仕入」方式で通常商品と並べて店頭に並べるのと「アイディア市」「○○物産展」のように業者を前面に出した販売方式では負うべき責任も消費者が受ける印象も違いますし

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        「Amazonのロゴが入ってる」とかでない限り、Amazonで買う人で、「Amazonというサイトのブランド」を求める人はそうそう居ないんじゃないかなぁ。

    • by Anonymous Coward

      届いた料理がクソまずくても、Uberは責任取ってくれんべや

      • by Anonymous Coward

        そもそもまずい料理が出てきたら責任を取るのは注文した人。

        • by Anonymous Coward

          信用が無いか、自身があると思ってる会社はクレーム対策で全額返金をやってるので、客は責任取らないよ。
          客全員が返金を求めたらやばいけどね。

    • by Anonymous Coward

      う〜ん,でも,メーカーの瑕疵で事故が起きたときに,小売店(ex.カメラ量販店),店舗建物の地主,決済手段の提供者(ex. Suicaやクレジット会社)が責任を負うべきかと言われると違う気もする.

      • by Anonymous Coward

        比べるならテナントが起こした問題をショッピングモールの運営会社が責任負うかどうかじゃないかな。
        問題のある店に出店許可したのなら責任を問われるかもしれない。

        • by Anonymous Coward

          今回の場合、責任を取れないペーパーカンパニーに売る許可を出したのはAmazonだしね。

        • by Anonymous Coward

          テナントが起こした問題ではなく、テナントが売った商品で起きた問題だよね。
          日本だと確実にPL法の範疇でメーカーの責任(粗悪品と知りつつ売った場合は別だが)だけど、アメリカだと違うのか?

      • by Anonymous Coward

        商社とメーカーじゃね?

      • by Anonymous Coward

        でも、UberEatsの配達員が交通事故を起こしたらUberも保障に参加すべきと言われればそうだなと思うでしょ?

      • by Anonymous Coward

        元々消費者的には販売経路の何処に賠償を請求しても良いんですよ。
        そして販売で上流側の責任だと思うなら、小売店が卸しなりメーカーに請求するのもまたアリ。

        なんてのか、販売という行為が不法行為となっているときには、メーカーから小売りまでがそろって共同不法行為を行っている的なイメージで、何処に請求するかは被害者側の自由。

    • by Anonymous Coward

      食中毒が起きたときUberEatsも営業停止にするような話では

  • by Anonymous Coward on 2020年08月16日 13時58分 (#3871081)

    ニセモノもホンモノもごちゃ混ぜにしてしまう「混合在庫 [amazon.co.jp]」では、入庫した時点で商品管理はamazonしかできなくなるわけで、当然管理責任もamazonが持つべき。

    経験上、amazonの入庫・出庫チェックはまったくのザルで、商品の外形や重量がカタログに記載された商品仕様とまったく異なっても、バーコードが同じなら同一商品と見なして、当然のように購入者へ送り届けられます(極論すれば、インチキバーコードを貼り付けておくだけでOK)。

    • by Anonymous Coward

      混合在庫はいろんな問題があったので、むしろいまはまともな業者は混合在庫を避けるのが当たり前になったけどね
      amazon自身も、かなり多くの分野で混合在庫を禁止してる

    • by Anonymous Coward

      ソースに書いてありますけれど、今回は「E-Life」という独自ブランドで出してますよ。

    • by Anonymous Coward

      それは「正規品にサードパーティが混入する」という話であって、今回は初めから、サードパーティとして販売してますよ。
      話を読んでいないですね。

      Amazonの話題が出るたびに、ルーチン的に混合在庫の話をする人に言っても無駄かもしれませんが…

  • by Anonymous Coward on 2020年08月16日 14時09分 (#3871087)

    ぜひ世界標準にすべき。
    Amazonだけでなく楽天市場とかAliExpressとかも極めて悪質ですからね。

    • by Anonymous Coward

      Amazonも楽天も大概だけど、さすがにAliやメルカリとは一線を画してるよ。

      • by Anonymous Coward

        これが前例として日本でも適用されたらメルカリは死ぬよな。ヤフオクもか?

        • by Anonymous Coward

          メルカリやヤフオクで説明不足でゴミが送られてきたケースは100件やって1件あれば運の悪い方
          混合するアマゾンの方が悪質、集団訴訟になってベゾスが全部払えばいいさ

          • by Anonymous Coward

            これは【要出典】をつけるべきか【独自研究】をつけるべきか

    • by Anonymous Coward

      どこもが保険をかけ始めて商品が高くなっても文句を言わないならね。
      (送料すら払いたくないと言ってる日本の客が納得するとは思えん。)

typodupeerror

「毎々お世話になっております。仕様書を頂きたく。」「拝承」 -- ある会社の日常

読み込み中...