パスワードを忘れた? アカウント作成

ログインするとコメント表示数や表示方法をカスタマイズできるのを知っていますか?

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2020年10月9日のIT記事一覧(全4件)
14948066 story
ゲーム

Microsoft Flight Simulatorに新たなバグ観光地候補。巨大な穴の中に空港が 22

ストーリー by nagazou
シュール 部門より
以前、8月に発売された「Microsoft Flight Simulator(MSFS)」で、オーストラリア・メルボルンに実在しない巨大ビルが存在、観光地化としたという話があったが、新たな観光地候補となりそうな場所というかバグが発見された(CNN)。

この場所はブラジルのリオグランデドノルテ州で、地面の真ん中に巨大な穴が空いているという。発見者はredditのユーザーだとされ、この巨大な穴の中に突入したという。その様子は動画で残されている。この動画を見る限り、あまの深さは2300フィート(約700メートル)ほどあり、突入すると穴には空港が存在する。空港は「ラゴアノバ」という名称で実在するとのこと。ただ動画を見る限り、空港は穴の壁面側にあるようで着陸するのは無理っぽいようだ(動画)。
14949487 story
Chrome

Chrome Canary、タブストリップのスクロールが可能に 11

ストーリー by nagazou
たくさん開いてもタブ上の文字が読める 部門より
headless 曰く、

Chrome Canaryでタブストリップのスクロール機能が利用可能になっている(Ghacksの記事)。

タブストリップのスクロール機能はタブの数が増えてもタブ幅を一定幅よりも小さくならないようにし、はみ出した部分をマウスホイールでスクロール表示できるようにする機能だ。この機能を利用するにはChrome Canary 88.0.4284.0以降(88.0.4285.0で確認)でchrme://flagsの「Scrollable Tabstrip (chrome://flags/#scrollable-tabstrip)」を「Enabled」にしてChromeを再起動すればいい。

この機能は2018年から開発が進められており、フラグ自体は安定版のChromeにも実装されているが、タブが一定幅よりも小さくならないようになるだけでスクロールはできなかった(Macでは少し前からスクロールできるようになっていたようだが未確認)。また、タブストリップの隣に左右のスクロールボタンを配置してスクロールできるようにする機能の実装も進められているようだ。

14949381 story
Facebook

マクドナルドのFacebookに寄せられた苦情、バーガーキングが代理で返信する救いの手 31

ストーリー by nagazou
困っている人には救いの手 部門より
デンマークのバーガーキングが、同国マクドナルドの公式Facebookに寄せた苦情に対して、代返していたようだ。もちろんバーガーキングの宣伝も兼ねてだが(ガラパイアADWEEK)。

多くの企業でSNSは利用されているが、寄せられたコメントやクレームにすべて対応しているのはごくわずかだ。デンマークのマクドナルドもそのパターンだったようで、そこにバーガーキングが活路を見出したらしい。バーガーキングは、マクドナルドに寄せられたクレームに丁寧に対応しつつも、「ワッパー」の無料クーポンを添付することで客引きしていたという。

この返信大会は9月24日に行われたそうで、バーガーキングは、マクドナルドに寄せられたコメントに対し1,000件を超える回答をした模様。それも数日、数週間、数か月、場合によっては数年前のコメントに遡ってまで。バーガーキング側は「最も関係の近い近い競合他社が、オンラインカスタマーサービスに関しては適切ではなかった」ため、「救いの手を差し伸べる」ことにしたと語った。
14949480 story
政府

国勢調査のネット回答を20日まで延長へ。回答率が目標に達しないことから 124

ストーリー by nagazou
何もしないと投票率に近い数字になりそう 部門より
国勢調査の回答率の低迷が続いているという。このため、総務省は国勢調査のインターネット回答の締め切りを10月20日まで延長すると発表した。回答期限の7日の回答率はネットからの回答が37.6%、郵送による回答が26.0%ほどしかないとされている(共同通信ITmediaNHK時事ドットコム)。

総務省は今回、コロナ渦の影響もあって、インターネットでの回答率の目標値を50%に定めていた。2015年に行われた調査の回答率はネット36.9%、郵送34.1%で、回答がなかった世帯を調査員による回収を加えることにより、最終的な回答率は86.9%となっていた(過去記事)。

NHKによると回を重ねるごとに回答拒否が増えているという。2000年の調査では回答拒否は1.7%だったのに対して、2015年の調査では13.1%にまで増加したという。その記事によれば、回答拒否急増の理由は、オートロックマンションの増加やライフスタイルの変化などにより、回収員と世帯主が会えなくなっていることもあるとしている。また個人情報の保護意識の高まりも回答拒否の理由となっている模様(NHKその2毎日新聞)。
typodupeerror

アレゲはアレゲ以上のなにものでもなさげ -- アレゲ研究家

読み込み中...