パスワードを忘れた? アカウント作成

過去1週間(やそれより前)のストーリは、ストーリアーカイブで確認できますよ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2022年5月14日のIT記事一覧(全2件)
15650811 story
アップグレード

秀丸エディタ開発者インタビュー。ver9.00にアップデートしたくなかった 60

ストーリー by nagazou
本にシール貼るの大変だし 部門より

ちょっと変わった組み合わせではあるが、ベンチャーキャピタルのCoral Capitalのサイト上で「秀丸エディタ」の作者として知られる斉藤秀夫氏にインタビューをした記事が掲載されている(Coral Capital)。この中で斉藤氏が昨年12月におこなわれた「秀丸エディタ」のメジャーアップデートに関する内幕について触れている。曰く、

斉藤さん:これまで小さなアップデートをしたときはバージョン番号を0.01ずつ上げて、大きな機能を追加したときは0.1ずつ上げていたんです。 ただ、そうしていたら、ついにver8.99までいってしまいました」

とのこと。なおこの続きによると、秀丸エディタの公式マニュアルには「ver8対応」と大きく書いてしまっており、その在庫がたくさん残っていることから正直、ver9.00にはアップデートしたくなかったそうだ。

15652109 story
ソフトウェア

外環道のシールドマシンが鋼材を巻き込む事故、原因は製図ミス 52

ストーリー by headless
位置 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

やや旧聞となるが、4 月 7 日に練馬区大泉町の東京外かく環状道路 (外環道) トンネル工事で発生したシールドマシンが鋼材を巻き込む事故について、東日本高速道路と国土交通省関東地方整備局が 4 月 28 日に原因を発表していた (くるまのニュースの記事東京新聞の記事日経xTECH の記事)。

外環道の工事は調布市での陥没事故を受けて一部が停止中だが、大泉付近では工事を再開していた。シールドマシンは硬質ウレタン製地中壁の鋼材のない部分を掘り進むはずが、CAD の操作ミスにより図の中心が下方に 93.5 cm、水平方向に約 10 cm ずれたまま製図・施工され、鋼材部分を巻き込んでしまったという。補修には半年程度かかるとみられており、工事再開の予定は改めて発表するとのこと。

なお、東京外環事業 (関越~東名) では同様の硬質ウレタン製地中壁は他にも 13 か所で計画されているが、既に施工されている 7 か所では誤りがないことが確認済みで、今後施工する 6 か所も同様に確認していくとのことだ (プレスリリース)。 。

typodupeerror

海軍に入るくらいなら海賊になった方がいい -- Steven Paul Jobs

読み込み中...