パスワードを忘れた? アカウント作成
14047090 story
Windows

Windows 10 November 2019 Update、オプションの更新プログラムとして一般提供開始 31

ストーリー by headless
更新 部門より
Microsoftは12日、Windows 10 バージョン1909 (November 2019 Update)の一般提供を開始した(Windows Experience Blogの記事更新履歴Windows 10 リリース情報Windows IT Pro Blogの記事)。

バージョン1909は現在のところオプションの更新プログラムとして配信されており、互換性の問題がないことが確認された環境のみWindows Updateに「Windows 10、バージョン 1909 の機能更新プログラム」が表示される。ここで「今すぐダウンロードしてインストールする」をクリックすればバージョン1909をインストールできる。最初の一般リリースビルドは18363.476となった。

バージョン1909は最新の累積更新プログラムを適用したバージョン1903(May 2019 Update)と基本的に同じものであり、バージョン1909の新機能を無効化したものがバージョン1903となる。そのため、バージョン1903からバージョン1909へのアップグレードでは新機能を有効化し、ビルド番号を18362から18363に変更するイネーブルメントパッケージがインストールされるだけであり、短時間で完了する。ただし、新機能といってもタスクバーのカレンダーフライアウトからのイベント作成が可能になる点や、ロック画面でのサードパーティ製デジタルアシスタントが利用可能になる点など、細かいものばかりだ。なお、本リリース(KB4524570)を含めバージョン1903とバージョン1909では、リリースノートが一本化されるとのこと。

バージョン1909のリリースに伴い、企業向けの半期チャネルサービシング期間も開始された。そのため、IT管理者は対象を限定したバージョン1909のデプロイを開始し、アプリやデバイス、インフラストラクチャーをテストするよう求められる。一方、Windows 10 バージョン1803(April 2018 Update)のHome/Proエディションに対するサービスは同日をもって終了した。
  • by Anonymous Coward on 2019年11月16日 15時52分 (#3717459)

    ファイラーであるExplorerの検索窓が
    Windows SearchサービスとSearchUI.exe経由になった
    というかこの2つの起動が必須になった

    ・Windows Searchサービス:インデックスでストレージを食いつぶす
    ・SearchUI.exe:コルタナさんいらねぇよ
    等々の理由で無効化していた場合
    Explorerの検索窓が無反応になるで注意

    また、この両機能経由での検索は
    インデックスのヒット率に依存するため
    検索結果が不安定な実績が過去に十二分にあり要注意

    両機能を有効化し様子見しつつ
    Everythingなどの代替策で備えておくのがよさげ

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      メタデータも含めた全文検索インデックスみたいなもんですからね…そら重いよと。
      自分は要らないフォルダはインデックス対象から外してます。
      第一、explorer検索窓は何が指定出来るか?の説明が無い感じだし。
      日付:とかANDとか探してた記憶…

    • by Anonymous Coward

      業務用PCはまさにその設定なので注意ですね。ただ用途がもともと限定なので検索窓も不要ですけど。

    • by Anonymous Coward

      >Cortanaを無効にしていると、検索欄が無反応

      マジかよ!1903では今のところ問題なしだけど。
      iOSとかでCortanaやめるらしいけど、バンドルやめろよ。
      フィードバックHubにまで要望を投稿してるというのに!

    • by Anonymous Coward

      >Everythingなどの代替策
      それもindexの作成とか基本的にはwindowsのそれと同じ動作だと思うのだけど
      何故にMSのはこうも嫌われるものか

      • by Anonymous Coward

        ヒット率が低い、と言うか目の前の物すら見逃す馬鹿
        フォアグランドの反応性が悪くなってもおかまいなしに堂々とバックグランドでインデックスを作る

  • by Anonymous Coward on 2019年11月16日 13時43分 (#3717422)

    履歴ポップアップのデザインが変わって、件数も3件から10件になった。
    でも検索結果を表示したままマウスの第4ボタンクリックでフォルダーを移動したあともう一度検索しようとするとすぐにポップアップが出なかったりしてなんか挙動が怪しい

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2019年11月16日 17時00分 (#3717476)

    普段のアップデートの方が時間かかってるんじゃね?

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      ウチは4時間くらい掛かりました。
      しかも以前のWindowsが35GBもあって、えっ?という感じ。

      • by Anonymous Coward on 2019年11月16日 20時02分 (#3717523)

        アップデート元が1903なら、バイナリそのものはすでに導入済みで切り替え用の小さなプログラムをダウンロードするだけなので一瞬で終わる。1809以前からのアップデートだと通常の機能更新と同様なのでサイズも巨大で時間がかかる。

        • by Anonymous Coward

          9日だったかに1903入れる事が可能になったので当てた+以降のパッチも当てた後の1909アプデなんですけどねぇ…
          まあドライブ問題解決と言われた後も1903ダメだったので、他になにかあるんでしょうね。

      • by Anonymous Coward

        最近yamanxworld@atmarkit でも紹介されてましたが、Officeの.mspがびっくりするくらい累積していることがあります。C2R版だとまた別ですが。

typodupeerror

物事のやり方は一つではない -- Perlな人

読み込み中...