パスワードを忘れた? アカウント作成
2238399 story
インターネット

北極海経由の海底ケーブルで東京とロンドンを直結 53

ストーリー by headless
直結 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

この夏から北極海の海底に通信用光ファイバーケーブルの敷設が開始される。敷設される海底ケーブルは3本で、2本は北アメリカ大陸北岸沿いの北西航路を通り、もう1本はスカンジナビア半島及びロシアの北岸沿いを通る(New Scientistの記事Extreme Techの記事GIGAZINEの記事本家/.)。

3本の海底ケーブルの敷設にはそれぞれ6~15億ドルかかると推測されているが、これにより日本と英国を直結でき、北極圏のコミュニティーに高速インターネットアクセスを提供することができる。カナダのArctic Fibre社が敷設する北西航路の海底ケーブルを使用することで、東京―ロンドン間をパケットデータが往復する時間は現在の230ミリ秒から168ミリ秒に短縮される。通信の高速化以上に重要な点は、政治情勢の不安定な中東や、船のいかりでケーブルが切断されるリスクのある東南アジアの海峡を通過しない点だという。海底ケーブルが一度切断されてしまうと、何十億もの人がインターネットに接続できなくなるか、接続できても極端な低速での通信となってしまう。北極海の海底に敷設したケーブルであれば、切断リスクは大幅に低くなるとのこと。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • コロケーション (スコア:4, 参考になる)

    by NOBAX (21937) on 2012年03月25日 15時51分 (#2123186)
    株取引では1ms差で億単位の儲けをを逸することがあるからで、
    インターネット高速化の要求もその辺から来ています。

    その程度ではビジネスに勝ち抜けないということで、コロケーション
    が行われています。
    株でコロケーションとは証券会社が取引システムの隣に発注サーバーを
    置けるサービスのことです。
    物理的距離を縮めてしまえばレスポンスが速くなるという理屈です。
    東京証券取引所でもサービスが行われています。

    もちろん、人間がマウスをクリックしていたのでは追いつきませんので
    プログラム売買が基本となります。
    • by Anonymous Coward

      株価変動は人気投票と言われるが、msオーダーの時間で人気も人気に影響を与える要因も変動するはずがない
      要は当然のごとく生ずる売りと買いのバランス変動による瞬間的な株価変動で利ざやを稼ぐアルゴリズム競争をやっているだけ

      • by Anonymous Coward on 2012年03月25日 17時10分 (#2123216)

        まあ、アルゴリズム売買は短期売買の行き着く先ですからそれ単体に意味を求めても仕方ないですけどね。
        大事なのは短期売買による流動性の確保で、それによって相場が形成される事に意味がある。
        無駄な取引を延々と繰り返す人がいることで、取引を必要としてる人がすぐに取引できるわけです。

        瞬間的な変動で利ざやを稼ぐことに意味は無いかも知れませんが、それで利益を上げるのも損をするのもそういう取引をしている人だけです。
        長期でやってる人は損も得もしない。
        むしろ流動性が生まれることで利便性が高まる。
        ほとんど取引されない不人気銘柄って長期でも買うのは躊躇われますよ。
        いざというときの逃げ場が無いわけですから。
        「売りたい時に売れないリスク」は当然株価にも織り込まれます。

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          >長期でやってる人は損も得もしない。
          嘘っぽい気がする。

      • by Anonymous Coward

        アルゴリズム競争は悪いことなの?
        みんな損したくないから必死なだけだと思うけどね。

        • by r5 (24383) on 2012年03月25日 17時53分 (#2123233) 日記

          平等な条件でのアルゴリズム勝負であればしょうがないと思うけど、
          フラッシュオーダーとHFT(High-Frequency Trade)の組み合わせがあまりに強力すぎるのは問題だと思う。
          現行法では犯罪ではないのかもしれないけど、倫理的にはかなりグレーだし、
          法規制すべきという声は根強く存在する。
          取引所としては貴重な金づるなので大事にしたいのでしょうけど、
          今までみんなで分け合ってた部分を、半分インチキで独占してしまうのはどうかと。
          長い目で見れば市場参加者を減らすことになってしまうでしょう。

          親コメント
          • by Anonymous Coward

            情報が下位に伝達されるのが遅いのは昔から変わっていません。

            仮に全ての取引相手に同時に情報配信したとしても、物理的距離の近い場所に端末を置くことで優位になるわけだから規制してもあまり意味はない。

          • by Anonymous Coward

            大規模なIT投資を行い、適切なアルゴリズムを組めば、誰でも同等の条件で参加できます。
            そう考えると、フラッシュオーダー(&HFT)はフェアな仕組みです。
            偏った優遇措置があるわけではありません。

            適切な投資を大規模に行った者が有利になる。当然のことです。

            • Re:意味の無い売買 (スコア:2, すばらしい洞察)

              by Anonymous Coward on 2012年03月25日 19時43分 (#2123284)

              つまり最初に金を持っていなかったら絶対に未来永劫逆転不可能ということですね。

              親コメント
              • by Anonymous Coward

                有利になるだけであって、勝てるとは限りません。

              • by Anonymous Coward

                そんなこと言っているからダメなわけで。
                現実から目を背けすぎ。

              • by Anonymous Coward

                >絶対に未来永劫逆転不可能
                んなこたあない。
                完璧なアルゴリズムなんて存在しないし、だからこそ競争するんでしょう。
                金をかければ必ずいい物ができるとは限らないし。アルゴリズム競争が可能なくらいまで持っていくための投資規模は、
                それほど非現実的なものではありませんよ。資金を集める手段はいくらでもあるわけだし。
                研究開発や設備投資に大金をかけられる、有利なはずの大企業が、時流を読めずに衰退し、他の企業に取って代わられるのは、
                よくあることでしょうに。

                ある程度の資金がないと競争の場に上がることすらできないのは、多くの業界で一緒。
                いい製品のアイデアがあるなら、それを投資家に売り込んで投資してもらうか、それを製造できる会社に売り込むのが
                真っ当なやり方だと思いますが。
                IntelやSAMSUNGの研究開発や設備投資の規模がでかすぎて不平等だから、それを規制しよう、そうすれば平等に競争できる。
                と言いますか?
                #日本や欧州では、そういう規制がある業界もあります。けれども、アメリカの文化とは合わないだろうな。

              • by Anonymous Coward

                売買は繰り返されるんだから(しかもミリ秒のオーダーで)少しでも差があるなら勝てる確率は指数関数的にゼロに収束する。

              • by Anonymous Coward on 2012年03月25日 20時14分 (#2123300)

                勝てる確率がゼロになる極限では、会社の未来についての完全な予測が株価に反映されているわけだから、株価は変動しないし、売買する必要もないでしょう。

                実際にはミリ秒だろうが日だろうが年だろうが、フラクタリックに株価は変化するんだから、勝てる確率が指数関数的にゼロに収束したりはしない。

                親コメント
              • by Anonymous Coward

                規制しろ規制しろって言っている人は、自分の投資についての怠慢から目を背けているだけ。

    • by Anonymous Coward

      ここまでくると、株価ってなんだろう、という話になってくるような。
      株価は、どの瞬間に変動したことになってるんだろう。

      正式株価を保持するサーバー(というのがあるのか?)のメモリの
      値が書き換わった瞬間?ハードディスクが書き換わった瞬間?
      そのサーバーから、株価をネット上で公開するサーバーへと
      数値が伝達された瞬間?公開サーバーが公開準備を終えた瞬間?
      公開サーバーは1台っきり?複数サーバーが連動?複数
      サーバー間の時間差は?etc、etc

      • by racco (37699) on 2012年03月25日 20時16分 (#2123301)

        株価っていうのは取引が成立したときに決まる。

        指し値にしろ成り行きにしろ、注文する速さが問題になるだけ。

        親コメント
      • by Anonymous Coward on 2012年03月25日 20時17分 (#2123302)

        株価として表示されているものは基本的に直近の取引価格です。
        つまり過去の数字です。

        今いくらで買えていくらで売れるか、というのは気配(未約定の注文)値です。
        この気配値が気に入らないなら自分で気に入った価格の注文を出します。
        (誰かが反対の注文を出してくれるのを待ちます)

        # 一部の私設取引所では取引価格をシステム側で決めてしまう場合もあります

        親コメント
      • by Anonymous Coward

        > 株価は、どの瞬間に変動したことになってるんだろう。

        地球の裏側で蝶が羽ばたいた時… …かな。
        もう何がなんだか判らないよ!

  • by opanpo (36109) on 2012年03月25日 16時26分 (#2123194)

    ヨーロッパとも快適にFPSとか格ゲーのオンライン対戦できる日がいつか来るだろうか。

    • by SteppingWind (2654) on 2012年03月25日 16時57分 (#2123211)

      十分な帯域を持つニュートリノ通信が実現できればあるいは…

      親コメント
      • by shesee (27226) on 2012年03月25日 18時04分 (#2123239) 日記
        [SERN]-[LHC]-[KAMIOKANDE]-[NTT]-[IX]-[大檜山ビル]ですね
        親コメント
      • by Anonymous Coward

        通信機器はコレですかね?

        日本→欧州 送信:KEK→受信:OPERA
        欧州→日本 送信:CERN→受信:スーパーカミオカンデ

      • by Anonymous Coward

        十分な帯域を持つニュートリノ通信が実現できればあるいは…

        ちょっとケーブルを緩ませておけば、過去に発注を出すこともできますしね。

        # いや違...

    • by Anonymous Coward

      快適にとはいかないまでも、160ミリ秒ならFPSの対戦は可能だと思う。

      • by Anonymous Coward
        160ミリ秒って60fpsで約10f`にも相当するんですけど・・・
  • by Anonymous Coward on 2012年03月25日 16時13分 (#2123191)

    日本「北方領…」
    ロシア「切るぞ」

    • Re:今後の展開 (スコア:3, 参考になる)

      by alternative (23238) on 2012年03月25日 16時56分 (#2123210)

      すでに新潟経由と北海道経由でロシアと直でつながってるのに、
      わざわざ狙って多国間で共用してるケーブル切るわけないじゃん。

      http://www.cablemap.info/ [cablemap.info]

      親コメント
      • by nmaeda (5111) on 2012年03月25日 20時07分 (#2123299)

        無関係の第三者(第三国)を巻き込むというのは、脅迫の常套手段と思うけど。

        親コメント
        • by alternative (23238) on 2012年03月25日 21時04分 (#2123328)

          今実効支配してる国がなんでわざわざ国境紛争してますよ、とアピールするようなことをせにゃならんの?
          日本政府を黙らすなら、”国境問題など存在しない”と交渉しなけりゃいいだけの話。

          わざわざ国内や関係ない第三国のネットユーザに大きな影響を及ぼしてまで、回線切るメリットが見当たらないし

          親コメント
          • by Anonymous Coward

            通商破壊は戦争の基本。
            だからこそ外交で脅しに使えるカードとなるのです。
            平和ぼけすぎ。

            • by Anonymous Coward on 2012年03月26日 2時51分 (#2123434)

              その通商破壊とやらに、おいくらの戦略的価値があるのかしらん

              ロシアからのケーブルちょん切られたところで、中国経由・台湾/シンガポール経由・
              太平洋/アメリカ経由などでヨーロッパへのアクセスは確保できている
              多少レイテンシは下がるだろうが、大打撃を受けるほどの影響は無い。
              というか、各ケーブルはスレ文にもあるように切断事故はあるものと考えて
              いつでも切り替えられるような体制が整えられている

              そんな状況でケーブルちょん切って、何かいいことあると思う?
              それが交渉材料になると思う?

              親コメント
            • by Anonymous Coward on 2012年03月26日 7時41分 (#2123467)

              ロシアが実効支配を続けていて、国際的にもロシアのものと考えられているのだから、
              ロシアは、「切るぞ」といった脅しをやる必要さえないということです。

              親コメント
    • by Anonymous Coward on 2012年03月25日 19時57分 (#2123289)

      そんなことすると、他国から非難轟々でロシアのほうが困ると思う

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        そのぐらいではあの国は困らないと思うけど。

  • by Anonymous Coward on 2012年03月25日 16時15分 (#2123193)

    氷山と海底の摩擦でケーブルが切断されるリスクがあるだろ。

  • by Anonymous Coward on 2012年03月25日 20時00分 (#2123293)

    門外漢の素朴な疑問なんですが、
    こういうインターネットのインフラって、誰が管理して誰が費用を出して、
    どうやってその費用が回収されているのでしょうか。

    私企業が設営して接続料金を(プロバイダや大口の直接契約利用者から)徴収している?
    国家的インフラとして税金でまかなわれている?そうだとすると国家間接続は?

    今なら私企業がやっても需要が見込めるだろうけど、WWWが発明される以前の昔だと、
    それこそ税金ででもやらないと誰もやりたがらなそうだし。

    • by yug (32253) on 2012年03月26日 5時02分 (#2123439)

      基本的には各国の電気通信事業者です。
      国営の国もあれば民営の国もあります。

      | 私企業が設営して接続料金を(プロバイダや大口の直接契約利用者から)徴収している?

      私企業が敷設・運営して利用者に時間・波長単位で貸すのが一般的です。

      | 国家的インフラとして税金でまかなわれている?そうだとすると国家間接続は?

      日本では税金でまかなわれていた時期もありました。
      最終的には利用料金(電話代)で充てられてマイナスにはなってないと思います(NTT、KDDの収支報告でも見て下さい)。
      国家間でも同様です。

      | 今なら私企業がやっても需要が見込めるだろうけど、
      | WWWが発明される以前の昔だと、
      | それこそ税金ででもやらないと誰もやりたがらなそうだし。

      WWW が発明されるずっと前からやっています。
      WWW が発明されたのは今からたかだか20年前ですが、
      それ以前には国際通信をやりたがる会社は存在しないという考えの
      理由が気になりますので、教えていただけますか。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        詳しい説明ありがとうございます。

        > それ以前には国際通信をやりたがる会社は存在しないという考えの
        > 理由が気になりますので、教えていただけますか。

        WWW以前にも国際通信はあったと思いますが、インターネットとそれら国際通信とは
        回線を共用していたのでしょうか。

        また、共用していたとして、たとえば国際電話はけっこう高価ですが、一方、当時から
        インターネットは大学とかだと通信料とか気にせずに使っていたように思います。
        (電話・電気・水道料金を気にしていたわりには)。
        それは税金でまかなわれていたのでしょうか。

    • by Anonymous Coward

      海底ケーブル自体は、そもそも1800年代からある。国が使うなら国が作るだろうし、民間が使うなら民間が作るだろう。

      「誰が」っていうのは会社名のこと?それとも株主のこと?商業ベースにのっかってしまえば、誰がっていうのを追求する意味はあまりない。

      • by Anonymous Coward

        なんか答えになってないような

        今なら需要があるだろうからお金の面では民間がほったらかしでもやるだろうけれど、昔はどうかな?っていうことじゃないの?
        お金は民間で手配できたとしても、海底とかを民間が勝手に使うっていうのも可能なのかわからないから多国間の政府レベルで何かの管理組織が絡むというのもありそうではないですか。

  • by Anonymous Coward on 2012年03月25日 22時35分 (#2123362)

    ドイツ鯖とのpingも低くなーれ

    • by Anonymous Coward

      スウェーデンにサーバのあるゲームをしていた頃、北米経由、英国やドイツを経てスウェーデンにたどり着いていました。その頃、KDDIが新潟からナホトカへ、NTTが北海道からサハリンへと海底ケーブルを設置し、それぞれシベリア経由で欧州に至る経路をつくるというので遅延短縮に期待しましたが、できてみるとなんのことはない、企業が自社の通信に回線を契約して使えるというだけで、一般のインターネット利用者には関わりのないことでした。

      どうせ今回のもそんなんじゃないですかね。

      • by yug (32253) on 2012年03月26日 5時12分 (#2123440)

        個人向け ISP サービスのトラフィックは一番安い回線の上を通します。
        ビット単価の高い回線の上を通す理由がありません。
        せめて法人向けの ISP サービスを契約してから期待した方がいいです。

        | どうせ今回のもそんなんじゃないですかね。

        ケーブルが運用開始になった直後は個人向けサービスのトラフィックを乗せるので
        遅延改善を享受と思います。

        数ヶ月運用して、安定してると判断されたら、法人トラフィックに載せ替えます。
        個人向けのトラフィックは今までの安くて遅い回線の上にのせるようになると思います。

        安いには安いなりの理由があるものです。

        親コメント
typodupeerror

未知のハックに一心不乱に取り組んだ結果、私は自然の法則を変えてしまった -- あるハッカー

読み込み中...