パスワードを忘れた? アカウント作成
14276119 story
Google

編み物動画の削除をめぐって女性YouTuber同士が裁判で対決へ 60

ストーリー by nagazou
争点自体が争点になりそう 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

YouTuberの女性が、該当しない著作権侵害を申し立てされ、動画を削除されたとして損害賠償110万円を求める訴訟を起こしたそうだ。原告も相手も40歳代の女性YouTuberで、題材も編み物と共通項が多い(ITmedia朝日新聞)。

訴状などによる経緯では、原告女性がポーチとブックカバーを作る動画をアップしたところ、2020年2月に被告女性が自身の著作権を侵害しているとして、YouTube側に通知したところ削除が行われたという。YouTubeでは著作権侵害を複数回通知されると、アカウントBANされる可能性が高くなる。原告側は動画は著作権の侵害に当たらないと主張。再度の通知を恐れて新しい動画を投稿できなくなったとしている。

8月19日に京都地裁で第1回口頭弁論があり、被告側は請求棄却を求め、全面的に争う方針を示したそうだ。原告側の代理人は「編み物は著作物に当たらない」とする判例も過去にあったと話しており、通報ですぐに消すYouTube側にも問題があると話しているとのこと。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • 原告側の主張 (スコア:2, 参考になる)

    by Anonymous Coward on 2020年08月24日 15時39分 (#3875810)

    Susanna's Hobbiesの動画に関する著作権について [blogspot.com]

    3 著作権侵害について
     今般,表現形式や翻訳部分について,Susanna's Hobbiesの発表したものであると特定できる表現部分をそのまま出所の明示もなく,配信されている動画(以下,「侵害動画」といいます。)が複数,確認されました。これらの動画のうち,表現形式や翻訳部分について,Susanna's Hobbiesの発表したものであると特定できる部分について,少なくとも時系列において送信開始時点がSusanna's Hobbiesの動画配信時点より遅れるものについては, Susanna's Hobbiesの著作権を侵害するものであると考えております。
     このためSusanna's Hobbiesとしては,当該侵害動画の配信者に対し,当該動画が,Susanna's Hobbiesの著作権を侵害するものであることから,今般,YouTubeに著作権を侵害する旨,申告をさせていただきました。

    なお,今般,Susanna's Hobbiesが YouTubeに申告した動画の中には,編み方について,著作権を有すると主張し,当該編み方による制作物についての販売に際して,許可を要求し,営利的に利用するものも含まれておりました。これについては,編み目,編み方について,本来であれば自由に利用できるものであるところを,不当に独占し,利益を得ようとするものであると考えます。このような状況については,今なおSusanna's Hobbiesの動画の不正な利用が看過し難い事態に陥っているものと考えております。

    この辺もセットで読まないと全体像が掴めん。

    • ・Susanna's Hobbiesの作品:著作権の対象となりますので,利用許諾をこれまでどおり申請してください。

      ・Susanna's Hobbiesの発表した編み目,編み方:利用許諾の対象としません。

      このあたりがわかりにくかったけど、プログラムにたとえたら「個々のアルゴリズムやサブルーチンコードなどは自由にパクってかまわないけど、ソフトウェアとしての全体像までそっくりにするのはダメ」みたいな話のようだな。

      --
      うじゃうじゃ
      親コメント
      • by Anonymous Coward

        Q8:違う色の毛糸で著作権の対象となる作品を編んだら全く別の印象に変わりました。これは違う色で編むことを思いついた人のアイデアなのでオリジナル作品になりますか?

        A:なりません。色の配列に著作物性はありません。色や毛糸が違ったとしても元の著作権が適用されます。

        Q&Aでこのように書いてるし、発表している編み方の一部は特許として権利化しているとも書かれてますので、いずれもダメでしょうね。
        ここの編み方を使いたければ、契約結んでライセンス受けろってことでしょうね。

        #特許の申請と維持にもそれなりに金かかってるでしょうし

        • by Anonymous Coward on 2020年08月25日 7時42分 (#3876088)

          リンク先のブログは、被告の書いたもの、つまり被告側の一方的な主張しか書かれていない点に注意が必要です。

          高度な独自性を持つ意匠であれば、編み物作品や編み目、編み方に著作権は発生し得ますが、被告の作品がすべてこれに該当するとは限りません。
          他のニット作家の反発やSNS上での炎上っぷりを見る限り、伝統的もしくはごく一般的な技法に、中上級者なら誰でも思いつく程度の工夫を加えた意匠と推定され、排他的に著作権を主張できるほどの高度な独自性は持っていないと思われます。これは裁判で明らかになるでしょう。

          表現形式や翻訳についての著作権の主張はさらに問題です。
          編み物に限らず、既知の技法の手順を日本語で簡潔に説明しようとすれば、使われる言葉も翻訳も当然に似通ってきてしまいます。
          同じ理由で料理のレシピに著作権がないことはご存じのとおりです。
          動画に記載の説明がそれこそ一言一句まったく同一であるか、或いは余程独創的な言葉使いや超訳が真似されたのでない限り、「自分より後に送信された動画であれば権利侵害と考える」、つまり早いもん勝ちで権利を主張するというのは無理筋でしょう。

          『特許』についても、ブログ記事には「Susanna's Hobbiesが契約上利用許諾対象と明示した,又は,特許権等を有する編み目,編み方:利用許諾を申請してください。」と書かれているだけで、実際に特許権を有するとはどこにも書かれていません。
          というか、何百年もの歴史を持つ編み物において、特段の欠損や障碍のない2本の手10本の指で一般的な編み針を用いた編み目や編み方に、21世紀に入ってから何か特許を取れるような革新があったとは考えにくいので、もし実際に特許を取っているならぜひ裁判の場で番号等を開示してほしいものです。
          おそらくは申請もしておらず、維持もしていなければ金もかかっていないのではないでしょうか。
          「著作権」だけでなく『特許』という言葉もちらつかせておけば、なんらかの特許を持っていると読み手が勝手に思い込み委縮するだろう、そんな効果を狙っているように、私には読めました。

          ※編み物はやらないけど、一応コンテストで表彰状貰ったことくらいはある手芸家のはしくれから見て、わずかでも被告に勝ち目があるとは思えないんですよね。

          親コメント
          • by Anonymous Coward

            反発してる方のSNSとかも見ると、この方は編み物とかの投稿を始めたのが2017年で、数年で人気Youtuberになったのに気を良くして、商売になると踏んで欲出して会社作ろうとしたら(リンク先にも「当社」の表記ある)、古株達に掟破るんじゃねぇとヤキ入れられたという構図かな。

            思い出したけど、これ電子工作界隈も10年ぐらい前に通った道ですね。結局この方のポジションの方は電子工作の世界を追われ消えましたけど。

        • by Anonymous Coward on 2020年08月25日 7時00分 (#3876078)

          特許を取ってるなら、それは公知のものだから、動画にしたって何の侵害にもならんだろ。

          編み方に著作権があるなら、過去に編み物を教えてもらった時にそれが著作物じゃないかどうか、どうやって確認するの?

          親コメント
          • by Anonymous Coward

            「編み方」に対する権利は特許や実用新案でしょう。
            「編み方の動画」に対するのが著作権。
            編み方の動画を観てそっくり真似て別の動画を作れば登場人物や小道具が違っても著作権侵害で訴えられる可能性がある。真似の程度次第だがそこは裁判で決着をつけることになる。

    • by Anonymous Coward

      参考にはなるんだけど、この場合Susanna's Hobbiesは訴えられた側(YouTubeに著作権侵害を申告したことを訴えられた)なので、原告ではなく被告じゃないのかな?

    • by Anonymous Coward

      リンク先の被告側(ですよね)のblog読んでみたけど、ここはHobbiesと言いながらも、ビジネス関連窓口があったり、契約関連煩く言ってたり、完全にビジネスとして編み物をやってる感じですね。
      故に、商売を荒らす人がいれば、削除要請を出したり法的な措置を取るのも当然と言えば当然なんだけど、ここまで頑なになった背景には何があるのか興味がありますね。

    • by Anonymous Coward

      同じく Susanna's Hobbiesの動画に関する著作権について [blogspot.com]より引用

      編み目や編み方に関する表現の著作物性についての裁判例において,編み方そのものについては,その著作物性を否定したものもありますが,他の裁判例において「自然科学上の法則やその発見及びこれを利用した発明等についても、これを叙述する叙述方法について創作性があり、その論理過程等を創作的に表現したものであつて、それが学術、美術等の範囲に属するものについては、その内容とは別に、右表現された表現形式が著作物として、著作者人格権・著作財産権の保護の対象となり得る」とされ,少なくとも創作的な表現形式(説明方法)については,著作者人格権、著作財産

  • by Anonymous Coward on 2020年08月24日 15時39分 (#3875811)

    Twitterでわざと複数アカウントから糞リプ飛ばしてスパブロされて通報主が逆にBANされるとか
    amazonで着払いで大量買いからの受け取り拒否&通報で出店潰しとか
    もちろんシステムの悪用する奴が悪いんだが、通報受けて自動削除orペナルティ付与さらに問い合わせテンプレ回答&絶対に撤回しない
    みたいなポンコツシステムもどうかと思う

    • by nnnhhh (47970) on 2020年08月24日 16時25分 (#3875847) 日記

      メッセージ送った側にコストがないからってのが大きいよね
      他人にペナ食らわせるようなことをするのにはコストがかかる、って感じがいいのかもしれない
      しかしそれはそれで本当に被害者だったらまたもめるんだろうなぁ

      クレームを受けた側はペナ食らうか供託金を積んで拒否、
      クレーム付けた側が同額供託金を積むと裁定開始
      裁定後に供託金を分配、とかどうかな
      クレーム付ける側が先制して供託金積むというのもありで

      # 供託金の額とか支払いとか考えてないけど

      親コメント
    • 今流行りの「AIで何でも処理」が第1段階に入ってて、異議申し立てに必要なコスト(金銭に限らない)を投稿者側が支払わないと第2段階(人によるチェック)が動作しないという形になってるっぽいんだよね。
      システムの不備を悪用する人はいないはずだという前提が崩れると役に立たないシステム

      親コメント
      • Re:youtubeに限らず (スコア:3, 参考になる)

        by Anonymous Coward on 2020年08月24日 17時19分 (#3875902)

        システムの不備を悪用する人はいないはずだという前提が崩れると役に立たないシステム

        システムの不備を悪用する人は懲罰的賠償金で淘汰される、が設計思想だからなぁ。
        アメリカではそれで困らない、ってだけの話かと。

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          腑に落ちるな。
          アメリカならパクりがオリジナルを排除したってなったら懲罰的賠償金でオリジナルの権利は回復できるって寸法か。

          しかし懲罰的賠償が無い日本だと、実費相当までしか賠償請求されないので、
          明確な金額も出せない状況だとやったもの勝ちになるんだな。

      • by Anonymous Coward

        単純にシステム側のコストが最小になるような方法を取っているだけで、
        削除申請側や意義申し立て側のコストなんか知ったこっちゃねーわ、無料のサービスにガタガタぬかすなってだけじゃ。

    • by Anonymous Coward

      IT企業はスパム以外の問い合わせの回答を強制にするべき

      • by Anonymous Coward

        物理的にDOS攻撃できるようになるな。

    • by Anonymous Coward

      自動削除自体はいいんだよ。
      誘拐、薬物売買、売春買春みたいな時間勝負の犯罪防止って意味では正しい。
      ただ自動で削除するなら、自動で申し立てフォームが表示されて、一定期間後に自動復旧してもいいよな。
      今のシステムだと悪意の通報者のやりたい放題すぎる。

      • Re:youtubeに限らず (スコア:2, すばらしい洞察)

        by Anonymous Coward on 2020年08月24日 17時13分 (#3875895)

        処理ルーチンが削除で終わっているのが問題だよね。
        削除に対しての異議申し立てから復旧までもちゃんと手順として用意していれば、
        その辺り苦情も減るとは思う。
        少なくとも、「一度削除されたらアカBANされやすいかも」なんて危機感を煽る事にはならんだろう。

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          「この投稿はID:アレゲさんの違反報告により削除されました。」
          「違反の種類は○○○です。違法行為が判明した場合はアカウント停止になります。」
          「違反報告が事実と異なる場合はこちらから異議申し立てができます。」
          「異議が認められると再投稿可能になります。」
          「違反動画を繰り返し投稿したアカウントはIPアドレスが開示され、動画投稿禁止になります。」
          「虚偽の違反報告を繰り返したアカウントはIPアドレスが開示され、違反報告禁止措置が取られます。」
          「ID:アレゲさんの報告履歴はこちらから確認できます。」

      • by Anonymous Coward

        自動復旧したらダメじゃん。削除する意味ないじゃん。

        • by Anonymous Coward

          削除せずに書き込みログは開示して、売春や麻薬の募集だったら客もおとり捜査で逮捕しちゃえばいいのにな

    • by Anonymous Coward

      フォロー数が少ない一般のtwitterアカウントなら、複数アカウントで違反申告やらすれば、
      運営が手動で確認すると泣く、機械的にBANされる

    • by Anonymous Coward

      これは、元々政治系アカウントが対立するアカウントに通報攻撃を浴びせてTwitterのAIの悪用によりBANに追い込む(有名なのが「ネトウヨ○のBAN祭り」等、○には春夏秋冬の何れかを入れる)行為が問題になってて、Twitterが漸く重い腰を上げて対応したのは良いけど、AIによる誤爆が多発しているという構図ですね。

  • by Anonymous Coward on 2020年08月24日 15時21分 (#3875797)

    どういう論理?

    • by Anonymous Coward on 2020年08月24日 15時46分 (#3875820)

      最近はやりの著作権、うざいですよね!
      編み物動画の著作権は?YouTubeのBANの条件は?そもそも編み物ってなに??

      調べてみました!

      色々あって一概には言えないようです!!

      いかがでしたか?
      ACとnagozouの強力タッグで今後もしっかりお届けしますね☆

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      > 被告側は「弁護士に相談した上で著作権侵害の通知をしており、十分な検討を行っていた」として請求棄却を求め

      だそうで。
      両方ともガチンコ上等みたいなので判決待つしか無さそう。

      • by Anonymous Coward

        その弁護士を証人として出せと言われたらどうするんだろうか。と思った。

        ちゃんと存在するなら存在するでその弁護士はちゃんと理論立てて説明できるのだろうか。

        • by Anonymous Coward

          相談した弁護士が居るかいないか関係無いよな。
          自論に異を唱えられた時に裁判所が納得できる説明が出来るかどうかで。

          • by Anonymous Coward

            本件には直接的に関係なくとも相談した弁護士が居ないなら交渉カードとしては弁護士法72~74と脅迫罪あたりで関係ありでしょうけどね

    • by Anonymous Coward

      そこは単に定型ってだけかも。

      • by Anonymous Coward

        大抵の被告は請求棄却を求めるよなあと。
        つか、原告被告の争いの中で、提訴が原告の第一手なら、請求棄却は被告側の定番の第一手だろうに、何処に疑問があるのかが疑問だ。

        10数年前、変な詐欺請求で訴えられた時、請求棄却請求で契約事実が無いって書いただけで勝てたよ。

    • by Anonymous Coward

      「編み物は著作物に当たらない」とする判例も過去にあった

      いやまさか請求棄却を原告側がやることだと思ってるってことはないよね?

    • by Anonymous Coward

      論理も何も請求棄却を求めないのなら(形式要件で却下とか細かい話は抜きにして)請求認諾ってことだから
      それは負けを認めるのと同じなわけで、それなら訴訟外でさっさと示談しちゃえばいい話だからね。
      裁判で返り討ちにしようとするからには理由の有無を問わず請求棄却って言いますよ、そりゃ。
      よっぽど弁護士がポンコツでなければ。そしてその理屈(論理)をひねり出すのは弁護士の役割ですね。

  • by Anonymous Coward on 2020年08月24日 16時18分 (#3875843)

    男性だったら「男性Youtuber」って言っていたかな?

    • 最近virtualがいるのでつけていると思う。
      先日の迷惑系は「男性」って付けてるところがあった。

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      原告男性/被告男性とは言ってただろうな

      • by Anonymous Coward

        原告男性/被告男性とは言ってただろうな

        いや、報道で「男性」とつけられることはあまりない

        • by Anonymous Coward

          悪事だのなんだのをやらかす奴のデフォルト値が「男」なので「男」や「男性」などの表記は省略可能
          女子供はすっこんでろって時代の名残が生き残ってる

    • by Anonymous Coward

      女性をつけてもつけなくてもフェミはうるさいっすね

    • by Anonymous Coward

      Youtuberの女性と言っておけば心底どうでもいいツッコミを回避できるとかのノウハウを記者は学んでいくのかもな。

    • by Anonymous Coward

      いちいち原告の年齢も書いてるんだよね(被告はなぜか10年単位)。
      大きなお世話だろ。

  • by Anonymous Coward on 2020年08月24日 17時38分 (#3875911)

    最近は、動画をアップすると、「その動画やら音楽ははおれが権利持ってる、収益をこっちに配分すれば使わせてあげるよ」
    って虚偽の権利申請をして、クレーム入れずに放置しておくと、お金が勝手にあっちにいくシステムがある

    あとは、音楽の著作権管理団体とかは、正規の管理団体なのか、偽権利者なのか、区別が難しいのがある

    • by Anonymous Coward

      日本語の情報だと偽権利者呼ばわりされてるのしか見つからないけど、
      英語情報調べると権利者の代理で申し立てするサービスだったというパターン多すぎ。

      • by Anonymous Coward

        youtubeが認定した正規の管理団体には、マークつけるなり色を変えるなりして、
        わかるようにすればいいのにね

        音楽なら、コンピュータによる自動検出で、正規の管理団体から権利申請がつくのが多い、

      • by Anonymous Coward

        なんたら_CSっていう名前の権利者はどこの誰かもわからないんだけどな。
        あと曲販売サイトが似た曲を権利として申し立てしてくるから、この辺をなんとかしてほしいわ。

    • by Anonymous Coward

      DMCAのそもそもが権利侵害(犯罪防止)よりも企業利益を優先させた制度だからね。
      権利者が損や苦労するのは当たり前とも言える。

typodupeerror

目玉の数さえ十分あれば、どんなバグも深刻ではない -- Eric Raymond

読み込み中...