パスワードを忘れた? アカウント作成

最新から新しい日記やタレこみを確認できますよ。

13166631 story
プライバシ

「恥ずかしいデジタル遺品」を隠しきるには 34

ストーリー by hylom
遺族の尊厳を守れ 部門より

死後に見られたくないファイルなどの「デジタル遺品」をどう管理すべきか、というテーマでイベントが開催されたそうだ(ASCII.jp)。

葬儀屋での勤務経験があるというライターの古田雄介氏によると、「遺族にとって必要なデータ」は分かりやすいようにメモなどで残しておき、その上で隠したいデータは別のアカウントに分けたり、暗号化ストレージや別の端末に保存するのが良いという。また、「お金絡みの隠しは諦める」とのアドバイスもある。

なお、イベントに参加した別のPC系ライターによると、「故人のファイル捜索を遺族に依頼されたり、死者からFacebookの友達申請が来た」といったこともあるそうだ。

13166492 story
インターネット

「jpcert.org」、JPCERTとは関係ない第三者に取得される 14

ストーリー by hylom
ネタか本気か 部門より

JPCERTコーディネーションセンターが2月13日、jpcert.or.jp に類似するドメインに関するお知らせという告知を行っている。これによると、JPCERTとは関係ない第三者が「jpcert.org」というドメインを取得しているという。

JPCERT.ORGに対するWHOIS情報を見てみると、登録者の組織は「Pantry Food Stores」(食料品店)となっているが、登録者のメールアドレスのドメインは「india.com」(インドのニュースサイト)となっており、またネームサーバーはビットコインを使って匿名で支払えるドメイン登録サービスを提供しているititch.comドメインのものが登録されていたりと非常に怪しい。

13165871 story
バグ

スポーツくじ「BIG」でランダムなはずの予測結果が2連続で一致するも「偶然」との回答 89

ストーリー by hylom
シードの選択がアレだった疑惑 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

コンピュータがランダムに抽選した予測が試合結果と合えば当選というスポーツくじ「BIG」において、14試合×5口分の予想結果が2回続けて全く同じという極めて不自然な結果が出力され、システムの不具合や不正ではないかと一騒動となっているようである(公式の調査発表ITmediaの記事1記事2)。

BIGでは1口分が14試合で、予想結果は勝ち・負け・引き分けの3パターンあり、これをコンピュータがランダムに抽選するため、同じ結果が出力される可能性は極めて低い。が、15日に楽天totoにて全く同じ結果が出力されたという画像付きの報告がTwitterに投稿され、不具合や運営側が意図的な操作をしているのではないかといった憶測が飛び交う事態となった。

20日にはくじを運営する日本スポーツ振興センターと楽天から調査結果の発表がなされたのだが、「くじは確かに販売されたものである」「重複した投票内容の出現はあり得る」といった「不具合や不正ではない」というものであった。しかし5口分の予測が一致する確率は0.0000000000000000000000000000001%というとで、さすがにキャッシュや乱数アルゴリズムのミスなどではないだろうか?

13165876 story
ソフトウェア

DLNAが解散 25

ストーリー by hylom
DRM関連で色々と制限された感じがありました 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

家庭内ネットワーク経由でのコンテンツ配信規格を策定していた業界団体DLNA(Digital Living Network Alliance)が今年1月に解散していたそうだ(AV Watch)。

DLNAのWebサイトでは、DLNAは非営利組織としてのミッションを完了・解決したとされており、DLNAの普及によってその役割は終了したということらしい。

13165193 story
バグ

適切な命名規則で操作ミスを防げ 84

ストーリー by hylom
あるある話 部門より

先日「GitLab.comが誤って本番DBを削除、バックアップも取れていなくて大騒ぎに」という話があったが、誤って本番環境データベースを削除してしまった原因の1つに、本来操作対象とすべきバックアップサーバーのホスト名が「db2.cluster.gitlab.com」、誤って操作を実行してしまった本番環境のサーバーのホスト名が「db1.cluster.gitlab.com」と紛らわしかったことがあるのではないかという話が出ている(ITmedia)。

このように分かりにくい連番で命名を行っていると、作業中にうっかり間違った対象に操作を行ってしまう可能性があるとし、こういったトラブルを防ぐためには分かりやすい命名規則を付けて管理しておくべきという。

13165104 story
Facebook

Facebook、米国とカナダで求人情報機能を提供開始。プロフィール自動入力機能あり 2

ストーリー by hylom
Facebookはアカウントだけ作って放置が一番 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

Facebookが、求人関連機能を米国およびカナダで提供開始したそうだ(CNET JapanTechCrunchSlashdot)。

今回提供された新機能はは、企業が発信するFacebookのフィード上に求人情報を投稿したり、企業のFacebookページに「Jobs」というタブを追加してそこに求人情報を掲載できるというもの。Facebookユーザーはこの求人情報に表示されている応募ボタンをクリックするだけで、簡単に求人に応募できるそうだ。また、その際はそのユーザーが登録しているプロフィールを元に自動的に必要事項が応募フォームに入力されるという。人事/採用関連で使われるSNSとしてはLinkedInが有名だが、Facebookはそれと比べて「より簡単に求人を行ったり、それに応募できる」ことを目指しているようだ。

ただ、採用者が利用者のSNSプロフィールを簡単にチェックできるという点には賛否両方の意見がありそうだ。

13165022 story
インターネット

2016年の総DLトラフィック量は8.3Tbps、前年の5.4Tbpsに比べ52.2%増加 30

ストーリー by hylom
インフラが耐え切れていない感 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

今月7日、総務省は2016年11月時点のトラフィック量の集計をインターネット上で公開した(日経新聞総務省の報道資料)。

この集計によれば、2016年11月時点の日本の総ダウンロードトラフィックは8,254Gbpsに達し、前年11月時点の5,423Gbpsに比べて52.2%増加した。2016年11月時点の総ダウンロードトラフィックを契約数で割ると、一契約当たりのダウンロードトラフィック量は213.5kbpsとなり、前年の144.5kbpsに比べて47.8%増加した。

混雑時間帯は例年と同じく夜間の21時から23時にかけてであり、この時間帯には混雑して速度が出にくくなると思われる。

13163249 story
Windows

Microsoft、Windows 10 RTMのサービス終了を5月に延期 21

ストーリー by headless
延期 部門より
MicrosoftではWindows 10バージョン1507(ビルド10240、RTM)に対するサービスを3月26日に終了すると発表していたが、5月まで延長されたようだ(Windows for IT Prosの記事Neowinの記事Softpediaの記事)。

Windows 10 Anniversary Update(バージョン1607)の更新済みメディアが1月26日にボリュームライセンスサービスセンター(VLSC)でリリースされており、バージョン1507は60日間の猶予期間に入っていた。しかし、2月3日に更新されたWindows for IT Prosの記事では、猶予期間の日数が削除され、サービス終了が2017年5月に変更されている。なお、具体的なサービス終了日は示されていない。延期の理由として、Softpediaの記事では2月の月例更新プログラム提供延期との関係を指摘しているが、実際のところは不明だ。
13162336 story
ゲーム

モノポリーのコマ「指ぬき」退役へ 30

ストーリー by headless
不運 部門より
ボードゲーム「モノポリー」のコマ(token)として当初から同梱されていた「指ぬき(thimble)」の退役が決まったようだ(Monopoly公式アカウントのFacebook投稿Consumeristの記事PBS NewsHourの記事Fortuneの記事)。

発売元のハズブロは8月にモノポリーのアップデートを予定しており、1月にコマの人気投票を実施している。400万票を超える投票の結果は3月19日のWorld MONOPOLY Dayに発表される予定だが、一足早く指ぬきの脱落が発表された。ハズブロによれば、現在のファンにとって幸運の指ぬきは「輝き」を失ったものになっているとのこと。

指ぬきは「レーシングカー」「ブーツ」「シルクハット」「軍艦」とともに、1935年にコマが導入されて以来同梱されているオリジナルのコマの1つだ。1950年代初めに追加された「スコティッシュテリア」と「1輪の手押し車」、2013年に「アイロン」を置き換えた「猫」の8つが現在モノポリーに同梱されている。
13161681 story
インターネット

Microsoftプレジデント兼最高法務責任者曰く、サイバー攻撃から民間人を守るデジタルジュネーブ条約が必要 21

ストーリー by headless
条約 部門より

Microsoftのプレジデント兼最高法務責任者のブラッド・スミス氏は14日、サイバー攻撃から民間人を守るデジタルジュネーブ条約の必要性をRSA USA 2017のキーノートで語った(キーノートMicrosoft On the Issuesの記事The Registerの記事)。

戦時下の民間人は1949年以来、ジュネーブ条約第4条約により保護されてきた。しかし、現代では平和時においても国民国家によるサイバー攻撃により、民間人の安全が脅かされている。スミス氏の提唱するデジタルジュネーブ条約は、こういった脅威から民間人を保護するものだ。

具体的なデジタルジュネーブ条約の内容としては、以下のような項目が挙げられている。

  1. テクノロジー企業や民間企業、重要なインフラをターゲットにしない
  2. サイバー攻撃を検出・抑制・対応・復旧できるよう民間企業を支援する
  3. 脆弱性を悪用せず、ベンダーに報告する
  4. サイバー兵器の開発を制限する
  5. サイバー兵器の拡散を防止する
  6. 攻撃的な活動を制限する
13160838 story
Google

Googleの謎OS「Andromeda」の正体は「Fuchsia」だった 68

ストーリー by hylom
しかしどっちにしろ謎は多い 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

GoogleはLinuxカーネルに依存しない新しいオープンソースOS「Fuchsia」を作っている(過去記事)。また、AndroidとChrome OSの後継として「Andromeda」というOSも開発されているという別の報道もあったが、その実体は不明であった。しかし、半導体アナリストのDaniel Matte氏がFuchsiaプロジェクトのソースコードを調査した結果、両OSは基本的には同一のものだと判断されたという(Tech SpecSlashdot)。

一般的にはChrome OSがAndroidに統合されつつあるとみられていたが、同氏の目からするとAndroidとChrome OSの両方がFuchsiaに統合されつつあるという。根拠の一つは新OSの対応CPUであるようだ。FuchsiaはARM、x86およびMIPSに対応、Intel CPUを搭載したノートPCで動作することも明らかだという。

13160832 story
バグ

Microsoft、2月の月例更新プログラム提供を延期 19

ストーリー by hylom
いつ出るんだろう 部門より
headless 曰く、

Microsoftは14日、2月のセキュリティ更新プログラム提供を延期すると発表した(MSRCOn MSFTArs TechnicaSoftpedia)。

Microsoftによれば、直前になって発見された一部のユーザーに影響する問題の修正が間に合わなかったため、提供の延期を決めたとのこと。具体的な問題の内容や新たな提供日などについては記載されていない。

Microsoftでは毎月第2週の火曜日(日本時間では水曜日)に更新プログラムを提供しており、月例更新プログラムなどと呼ばれる。Windows 10では累積的な更新プログラムが提供されているが、昨年10月からはWindows 7/8.1/Server 2008 R2/2012/2012 R2でもロールアップモデルに移行した。

ロールアップパッケージに加え、企業向けにはセキュリティ関連のパッチのみを1つの更新プログラムにまとめたものも提供されているが、今月からはInternet Explorerの更新プログラムを分離する計画だった。

また、先日話題になったSMBの脆弱性に対応する更新プログラムも今月の月例更新に含まれる予定とされていた。

13160237 story
インターネット

日本のISPはどこも利用者からの評判が悪い 101

ストーリー by hylom
良い理由が思いつかない 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

NTTコム リサーチの調査によると、推奨者の割合から批判者の割合を引いた指標である「NPSスコア」を用いたインターネットサービスプロバイダー(ISP)の顧客推奨度調査において、ケイ・オプティコムの「eo光」が10ポイント以上の差を付けてトップを獲得したとのこと(Web担当者フォーラムプレスリリース)。

しかしながら、トップのeo光においてもNPSスコアは-31.4とマイナス、つまり推奨できるという意見よりも批判的な意見のほうが多い状態になっており、日本のISPはどこも評判が悪いようだ。批判された主な不満点は、「コストパフォーマンス」、「通信速度」、「通信の安定性」にあるとのことで、評判を上げるためにはこれらの改善が必須となるだろう。

13160227 story
テクノロジー

AIに仕事を奪われないためには「脳とコンピューターの直結」が必要? 68

ストーリー by hylom
脳波コントロールの実現が待たれる 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

人工知能に仕事が奪われないためにはどうしたらよいか、という問いに対し、SpaceXやTesla MotorsのCEOであるイーロン・マスク氏は「コンピューターと人間がさらに一体化すること」だと答えたそうだ(TechCrunch)。

思考でコンピューターを操作できるようになる「ニューラル・レース」が実現すれば、現在の手を使うインターフェイスに比べて脳とコンピューターを結ぶ帯域幅は大きく拡大し、逆にレイテンシーは減少すると氏は主張。人間と人工知能を共生させるこうしたインターフェイスが必要だという。さらに、これによって人工知能のコントロール問題などを解決ができるかもしれないとも述べている。

13159635 story
IT

インドの国民番号システムには神や犬や牛も登録されている 36

ストーリー by hylom
さすがインド 部門より
taraiok曰く、

インドはそれまでまともな住民登録システムがなかったことから、2009年に国民番号システム「Aadhaarプロジェクト」を発表した。このシステムでは名前や住所のほか、写真や指紋、虹彩情報などのデータも管理でき、現在は11億人以上(全成人の99%以上)がシステムに登録されAadhaar番号と呼ばれるIDを所有しているという。電子バンキングなども用意され、金銭のやりとりなども可能になる予定だとされる(MashableAsiaSlashdot)。

しかし、専門家はAadhaarには2つの根本的な欠陥があると指摘する。一つは運用がかなりいい加減であること。Aadhaarデータベースには偽のエントリーが多数存在しており、中にはヒンドゥー教の神ハヌマーンや犬や牛などがIDを所有していることもあるという。登録時にまともな審査をしていないと見られている。

もう一つは10億人のプライバシーと権利を守るための法律はないことだ。インド政府はデータが民間企業とどのように共有されているかについても言及していないそうだ。専門家は、セキュリティもザル状態で個人情報はわずかな労力で盗まれる可能性があると指摘している。

typodupeerror

身近な人の偉大さは半減する -- あるアレゲ人

読み込み中...